本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

新・花と緑の詳しい図鑑

花と緑の植物図鑑 宿根草(5)

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
(9) (10) (11) (12) 戻る

サルビア リラータサルビア リラータ

春〜初夏咲き・リーフプランツ・宿根草・暑い季節に元気
リラータというよりも「パープルボルケイノ」などの品種名でよく出回ります。主に葉色を楽しむサルビアで紫葉がとてもシックな印象です。花はあまり目立ちません

サルビア・レウカンササルビア・レウカンサ

秋〜冬咲き・宿根草・初心者向き
秋から初冬にかけて赤紫の花をたくさんつける、やや大きく育つサルビアです。寒さには強くありませんが、陽だまりなら冬越しして庭植えもできます

サルビア・レグラサルビア・レグラ

秋〜冬咲き・宿根草
比較的珍しい低木状のサルビアで大きく育ちます。赤い筒状の花を咲かせ、野趣がありながらもよく目立ちます。寒さに比較的強く暖地なら地植えも可能です

珍しいサルビアの仲間

珍しいサルビアの仲間をまとめて紹介します。宿根草の人気に伴いサルビアには色々な品種が導入されていますが、一般的とはいえないものも多いです

シオン

秋〜冬咲き・宿根草
宿根アスターの仲間で日本原産のとても丈夫な花。地下茎で横によく広がります。花は青紫〜薄紫で3センチ程度。長く伸ばした茎に花序を作ります

ジキタリスジキタリス

初夏〜夏咲き・宿根草・半日陰でも育つ
個性的な姿ですが不思議な魅力がありボーダーガーデンのマストアイテムになっています。秋〜春に大株が出回るようになり育てやすくなりました

シクラメンシクラメン

秋〜冬咲き・秋植え球根・宿根草・初心者向き
豪華な鉢花とは別に、原種との交配でできた寒さに強い小型のガーデンシクラメンが出回っています。冬の花の上がりはいまいちなものの花もちは良好で、冬の花の選択肢が増えました

シバザクラシバザクラ

早春〜春咲き・宿根草・乾燥に強い
石垣の上や斜面など、乾燥した場所によく植えられています。一方で、普通の花壇にはあまり適していません。復色の改良品種などが出回っています

シャガ

春〜初夏咲き・宿根草・半日陰でも育つ・湿気に強い
日本の山林にも自生するとても丈夫な花です。耐陰性に優れていて半日陰でも花をつけるので、北側の庭にも植栽できます

シャクヤクシャクヤク

初夏〜夏咲き・宿根草
いくつか種類がありますが東アジア原産種のラクティフローラなどを元にヨーロッパで改良された豪華な品種が主に出回ります。一重や八重のほか、翁咲き、冠咲きなど様々な咲き方があります

シャスターデージーシャスターデージー

春〜初夏咲き・宿根草
比較的大きめな白い花を一斉に頂部に咲かせるので、花時はとても目立ちます。丈夫で毎年咲かせますが、最近は他の花に押されて見かけることが少なくなりました

ジャーマンアイリスジャーマンアイリス

春〜初夏咲き・宿根草・乾燥に強い
アイリスの園芸品種で花色がとにかく豊富。緑花以外は黒まで揃うバラ並みの花色の多さです。花はやや大型でダッチアイリスよりもよく目立ちます。乾燥に強く多湿を非常に嫌います

ジャーマンダーセージジャーマンダーセージ

夏〜秋咲き・宿根草・乾燥に強い
シルバーリーフと青紫の花の両方が楽しめる丈夫なサルビア。花期が長く初夏から晩秋にかけてよく咲きます。株は株立ち状になり横に広がりやすいです

シュウカイドウシュウカイドウ

秋〜冬咲き・宿根草・山野草・半日陰でも育つ・湿気に強い
一目でベコニアの仲間と分かる花と株姿ですが、どことなく和の雰囲気を持った花です。日陰にも湿潤にも強いので和風庭園やシェードガーデンによく用いられます

シュウメイギクシュウメイギク

秋〜冬咲き・宿根草・初心者向き・半日陰でも育つ
キクの名がありますがアネモネの仲間で、花も一重のアネモネにそっくりです。葉はちょっと大きめですが、秋に咲く可憐な花と丈夫な性質が魅力です

ワイルドオーツ宿根コバンソウ(ワイルドオーツ)

夏〜秋咲き・宿根草・乾燥に強い・暑い季節に元気
一年草のコバンソウに似ていますが、こちらは宿根草で実も平たく雰囲気が異なります。大型になりやすい宿根グラス類の中では扱いやすい大きさのまま維持できます

宿根ヒメヒマワリ

夏咲き・宿根草・暑い季節に元気
ヘリオプシスの名でも出回ります。黄色い一重や八重の花が初夏〜秋の長い期間咲き続けます。丈夫で暑さに強く、真夏も開花は途切れません

宿根ロベリア宿根ロベリア

夏咲き・宿根草・湿気に強い
一年草扱いのロベリアとは趣の異なる、多年草タイプのロベリアたちです。赤花のベニバナサワギキョウがポピュラーですが、他にもいくつか種類が出回ります

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
(9) (10) (11) (12) 戻る