本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

新・花と緑の詳しい図鑑

花と緑の植物図鑑 リーフプランツ(1)

(1) (2) (3) (4) (5) 戻る

アイビーアイビー

リーフプランツ・樹木・初心者向き・半日陰でも育つ・湿気に強い
欧米で改良されたツタの品種郡を主にアイビーと呼んでいます。寄せ植え・グランドカバー・壁面緑化・観葉植物など色々な用途で用いられます

アサギリソウアサギリソウ

リーフプランツ・宿根草・山野草・乾燥に強い
繊細な銀葉が美しいポピュラーなシルバーリーフ。高温多湿には弱いものの、育てるのに無理があるほどではありません

アマドコロ(ナルコユリ)

春咲き・リーフプランツ・宿根草・山野草・半日陰でも育つ
白い花よりも美しい葉が見所です。アマドコロとナルコユリは別種ですが、よく似ていてお店でも混同されて売られています。育て方はほぼ一緒なのでまとめて紹介します

アルテルナンテラアルテルナンテラ(テランセラ・アキランサス)

リーフプランツ・暑い季節に元気
様々な呼び名がありますが、アルテルナンテラの名が定着してきているようです。赤や黄の葉色が、寒さに当たるとさらに色濃くなります。秋〜初冬によく出回りますが屋外での越冬は難しいです

イポメアイポメア

リーフプランツ・半日陰でも育つ・暑い季節に元気
黄緑の葉色をした「テラスライム」が有名ですが、他にも斑入り種があります。夏のカラーリーフとして寄せ植えやハンキングに用いられます

イワミツバイワミツバ(斑入りセリ)

リーフプランツ・宿根草・半日陰でも育つ・湿気に強い
外国から帰化したセリ科の植物ですが、斑入り種などが園芸用にも出回ります。日陰や湿気に強い植物で、シェードガーデンにもっと使われてもよいと思います

エレモフィラ ニベア

春〜初夏咲き・リーフプランツ・乾燥に強い
白い葉色をカラーリーフとして用います。初夏に咲く淡い青紫花も観賞価値があります。最近はよく出回っていますが屋外ではちょっと扱いづらいカラーリーフです

オタフクナンテンオタフクナンテン

リーフプランツ・樹木・紅葉が美しい・初心者向き・半日陰でも育つ・湿気に強い
別名ゴシキナンテン。通常のナンテンに比べ冬の葉色がより色づき、冬の寄せ植え用に小さな苗が出回るようになりました。庭木としての利用も増えています。実つきはよくありません

オモトオモト

リーフプランツ・宿根草・山野草・半日陰でも育つ
趣味性の高い希少種が鉢植えで育てられていますが、一般種が和風の下草にもよく用いられています。やや高温多湿に弱いですが日陰に強い葉物です

カラスバニガナカラスバニガナ

春〜初夏咲き・リーフプランツ
普通に野原で見られるニガナのカラス葉種です。黄色の小さな花もよく咲きます。元は野草なので非常に強健で育てやすいですが、アレンジには使いづらい印象です

カレックスカレックス

リーフプランツ・宿根草・初心者向き・半日陰でも育つ
細い線のような葉を優美に広げますが、性質は丈夫そのものです。銅葉や斑入りなど様々な品種がありますが、細葉で白縞の斑入り種が一般的です

ギボウシギボウシ(ホスタ)

夏咲き・リーフプランツ・宿根草・山野草・初心者向き・半日陰でも育つ・湿気に強い・暑い季節に元気
半日陰の湿った場所でも丈夫に育つ性質と、バランスの取れた葉や花の美しさからシェードガーデンの定番植物になりました。改良品種がたくさんあります

クサソテツクサソテツ

リーフプランツ・宿根草・半日陰でも育つ・日陰でも育つ・湿気に強い
大きな羽状の葉を優雅に広げるシダ植物です。林床で普通に見られますが、庭園や坪庭でも植栽されます。日陰や湿気に強いですが、大きくなるので狭い場所には向きません

クサツゲ

リーフプランツ・樹木・紅葉が美しい・乾燥に強い
ツゲの品種で背があまり高くならず、株立ち状で草っぽい柔らかい印象になります。葉の色はやや薄い緑でカラーリーフとして扱われることもあります

グミグミの仲間

リーフプランツ・樹木・乾燥に強い
主に葉を楽しむ常緑種、実を楽しむ落葉種に分かれます。近年は「ギルドエッジ」に代表される美しい斑入りが入るナワシログミの交配品種がよく育てられています

グレコマグレコマ

リーフプランツ・半日陰でも育つ・湿気に強い
斑入りの葉と、ほふくして下垂する性質からハンキングや寄せ植えの脇役として用いられます。基本的に野草なので野趣に富み、とても丈夫です

コキアコキア

リーフプランツ・紅葉が美しい・暑い季節に元気・タネから育てやすい
ホウキグサとも呼ばれます。一年草で、ライトグリーンのきれいな葉と卵型の端正な株姿、秋の紅葉を楽しみます。夏の暑さに強くてとても丈夫です

(1) (2) (3) (4) (5) 戻る