本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

宿根ロベリア

戻ります

宿根ロベリアのデータ

花色:
学名:Lobelia
別名:ベニバナサワギキョウ、ロベリア・カージナリス
科名:キキョウ科
分類:夏緑性多年草
原産地:北アメリカほか
大きさ:背丈20〜120cm 横幅20〜60cm
主な見所:花(7〜9月)

宿根ロベリアの特徴

一年草扱いのロベリアとは趣の異なる多年草タイプのロベリア。赤花のベニバナサワギキョウとその改良・交配品種がポピュラーですが、他にもいくつか種類が出回ります。高性になる種類が多く、草姿も一年草扱いのロベリアに比べてしっかりしています。花の形は蝶のような姿で、花色は赤のほかに赤紫や紫、ブルーなどもあります。株はロゼットで初夏から花茎を長く伸ばして花を咲かせます。葉が銅葉の品種もあります

  • 難易度: 比較的丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みます。半日陰では徒長しがちになります
  • 水分量: 乾燥には少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

宿根ロベリアの育て方

日当たりと風通しのよい場所で育てます。一部半日陰でも育つとするむきもありますが、株が徒長しやすく勧めません。やや湿った肥沃な土を好みますが、強く乾燥させなければ畑地でも十分育ちます。鉢植えの場合は水もちのよい土に植えてあげましょう

  • 管理:花がらは摘み取ります。株が充実していれば一番花を根際で切り戻した後、秋に再び花茎が伸びてきます
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます。水やり代わりの薄い液肥も効果的です
  • 病害虫:ほとんど発生しません

宿根ロベリアのアレンジ

野趣があるので自然風の花壇やペレニアルガーデンに向きます。花色を選べば洋風の庭や和風の庭にも向きます。もともと、やや湿り気のある場所に自生しているので水辺の側などによく似合います。シェードガーデン向きとされることもありますが、徒長しやすく向いていないと思います

宿根ロベリアの主な品種

ベニバナサワギキョウとその改良・交配品種がよく出回ります


ベニバナサワギキョウ(L.cardinalis)
赤花の高性種。暑さに強く丈夫です。この種を元に様々な改良・交配種が出回っています



サワギキョウ(L.sessilifolia)
日本原産の青花種。山野草として扱われます


バリダ(L.valida):ブルーの花を咲かせます。南アフリカ原産で開花期が長い

その他の写真


花のアップ。かわいい花の形も魅力です


赤紫花の高性種。花色が青と赤では印象が異なるのでアレンジの際は考慮しましょう

宿根ロベリアの個人的な印象

オススメ度:75%
自然味のある姿が持ち味。花もよく咲き開花期は目立ちます。一年草のロベリアの花を大きくしたような特徴のある花の形もポイントです

コメント

  • 株が大きくなると花茎がたくさんあがって豪華になります
  • はい性のリチャードソニー(L.richardsonii)を宿根ロベリアと呼ぶこともあるようですが、性質も姿も一年草扱いのエリヌス(L. erinus)に似ているためあまりふさわしいとは思えません 。またリチャードソニーは耐寒性もやや弱いです

仲間の花

戻ります