本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ジキタリス


戻ります

ジキタリスのデータ

花色:ピンク紫青紫黄色白
学名:Digitalis
別名:キツネノテブクロ
科名:オオバコ科
分類:常緑多年草・春まき二年草扱い
原産地:ヨーロッパ〜西アジア
大きさ:背丈40〜200cm 横幅40〜60cm
主な見所:花(5〜7月)

ジキタリスの特徴

草姿や花の形に独特な魅力があります。花は釣鐘型で穂状に咲かせます。内側に特徴的な斑点が入りますが、品種によっては斑点がないものもあります。大きな葉はカサカサした手触りで、食べると有毒。花のない時期の株は大きなロゼット状の姿です。背が高いのでボーダーガーデンの後方によく用いられます。条件が良ければ多年草になることもありますが、高温多湿に弱いので暖地では二年草として扱います

  • 難易度: 初夏までは丈夫ですが、暖地の夏越しは難しい
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも花を咲かせます
  • 水分量: 水はけのよい土を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ジキタリスの育て方

高温多湿の時期以外はそれほど難しい花ではありません。日当たりと水はけ、風通しのよい場所に植えれば長期間花が楽しめます。夏は半日陰に移動して乗り切ります。その際は過湿にしないようにしましょう。それでも暖地では二年草扱いになるケースが多いと思います。酸性土を嫌うので、土を苦土石灰などで中和します。やや移植に弱いので苗の定植時には根を傷めないようにします

  • 管理:終わった花を早めに切り取ると、株が充実していれば2番花が咲きます
  • 肥料:定植時に緩効性肥料を与え、生育期に追肥します。株が大きくなるまではしっかり肥培します
  • 病害虫:アブラムシやうどんこ病が発生することがあります

ジキタリスのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。ボーダーガーデンの後方に散らして植えると自然な雰囲気が出てよいです。また、同じような使われ方をされるルピナスより優しげな姿なので、ある程度まとめて植えてもきれいです

ジキタリスの主な品種

店頭にはプルプレアがよく出回っています。タネ以外で他の種類を見かけることは少ないです


プルプレア(D. purpurea)
ポピュラーなジキタリス。苗でもよく出回っています


ルテア(D. lutea)
黄色の花を咲かせます、苗で出回ることは少ないです

ジキタリスの個人的な印象

オススメ度:75%
背の高い特徴のある花は独特な魅力があります。広い庭向きの花で狭い場所で無理に使っても美しく見せることは難しいでしょう

コメント

  • 花後に弱りやすく、高温多湿時期と重なるので暖地で多年草にするのは難しいです。また、もともと短命な多年草なので二年草として割り切る方がよいでしょう

戻ります