本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

カラスバニガナ

戻ります

カラスバニガナのデータ

花色: 葉色:
学名:Ixeris dentata
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:日本・東アジア
大きさ:背丈10〜60cm 横幅15〜40cm
主な見所:花(4〜7月)

カラスバニガナの特徴

あちらこちらで普通に見られるニガナのカラス葉種です。葉だけでなく花茎もシックな色に染まります。ロゼット状の低い株から、長い花茎を伸ばして黄色の小さい花を咲かせます。もともと野草なので強健で育てやすいですが、その分雑草化しやすいので種をつける前に花がらは切り取ります。新芽ほど綺麗に染まり、古い葉は緑色に変わります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰で育ちますが、カラス葉を強調したいなら日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 広い幅で耐えます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

カラスバニガナの育て方

性質は野草のニガナと変わりないので、とても丈夫です。むしろ雑草化しないように咲き終わった花がらは早めに摘み取ります。日向から明るい半日陰で育ちますが、暗い場所に置くと特徴のカラス葉がよく出ないので日当たりのよい場所に置きましょう。土質は特にこだわりはありません

  • 管理:花がらはタネをつける前に早めに摘み取ります。あとは放任で育ちます
  • 肥料:無理に与えなくてもよいです。極端なやせ地の場合は緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

カラスバニガナのアレンジ

洋風の庭に合います。使いどころの難しい花ですが、カラーリーフを集めた寄せ植えなどにポイント的に用いるのがよいでしょう。全日の日当たりがある場所で、写真のように真っ黒に育てるあげるのもおもしろいかもしれません

カラスバニガナの主な品種

通常のニガナは単なる野草で、栽培されることは滅多にありません

その他の写真


新芽ほど黒く、古い葉は緑色に変わります

カラスバニガナの個人的な印象

オススメ度:40%
日当たりのよい場所でないと特徴の黒色はよく出ません

戻ります