本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アサギリソウ

戻ります

アサギリソウのデータ

葉色:
学名:Artemisia schmidtiana
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:日本、サハリン
大きさ:背丈15〜40cm 横幅20〜50cm
主な見所:葉(周年)

アサギリソウの特徴

細かい繊細な銀葉が美しいカラーリーフです。山野草扱いされることも多いですが、形がまとまりやすく寄せ植えにも用いられます。他の銀葉同様に高温多湿に弱いところがありますが、過湿にしなければそれなりに育ちます。移植にやや弱いです

  • 難易度: 適した環境下では丈夫ですが、やさしくはありません
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みますが、夏は半日陰に置きます
  • 水分量: 乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

アサギリソウの育て方

風通しのよい場所に置き、乾燥気味に育てます。植える土には砂を多めに混ぜるとよいでしょう。秋から初夏まではよく日に当てて育て、夏は遮光します。できれば雨を避けて育てると株が長もちし、下葉の枯れも抑えられます。やや移植に弱いのでポット苗は根鉢を崩さず植えつけます

  • 管理:普段は特にありません。姿が乱れたら切り戻すか、挿し芽で更新します。冬に古い枝を元から切り整理すると春から出る新芽が綺麗です
  • 肥料:春に緩効性肥料を控えめ与える程度。多肥は好みません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

アサギリソウのアレンジ

洋風にも自然風にも合います。和風の庭にも合いますが他の植栽とのバランスを考えましょう。ロックガーデンや、乾き気味の環境を好む植物同士の寄せ植えに向きます。合わせる稙物はそれほど選びませんが、美しく育たない場合も多く困ることもあります。条件に合う場所がなければ鉢植えにして雨を避けながら単独で育てた方が無難です

アサギリソウの主な品種

シルバーの葉色の他に、やや緑色が濃いめのライム葉種もあります

アサギリソウの個人的な印象

オススメ度:50%
比較的丈夫なのですぐには枯れませんが、環境次第で美しさが大きく変わります。こんもり育てばアサギリソウのみでも様になります

コメント

  • アルテミシア(Artemisia)の仲間にはアサギリソウ以外にも様々な葉物がありますが、それほどポピュラーではありません

戻ります