本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イポメア

戻ります

イポメアのデータ

葉色:黄緑斑入り
学名:Ipomoea batatas
科名:ヒルガオ科
分類:春植え球根
原産地:熱帯アジア
大きさ:背丈20〜30cm 横幅100cm〜以上(ほふく性)
主な見所:葉(初夏〜晩秋)

イポメアの特徴

イポメアといえばサツマイモ属のことですが、園芸上では葉を楽しむバタタス(サツマイモ)の改良品種のことを指すことが多いです。花は目立たないですが、アサガオの葉に似た形をした黄緑や斑入り葉を楽しみます。株はほふくして横に伸びます。地中にはイモがあります。元親はサツマイモですから夏の暑さにも強く、他のカラーリーフが使いづらい日差しが強くて高温多湿な時期にも活躍します

  • 難易度: 冬越しを考えなければ丈夫です
  • 日照量: 日向を好みますが、真夏はできれば半日陰のほうがよいです
  • 水分量: やや乾燥した環境が好みですが、鉢植えは乾燥し過ぎに注意
  • 耐寒性: 室内に取り込みます。乾かし気味に管理します

イポメアの育て方

日当たりでも半日陰でも育ちますが、半日陰では葉色があまり綺麗になりません。夏の暑さや雨にも強いですが、多湿にはやや弱いので土の水はけはよくしておきます。葉が大きく蒸散が激しいので、ハンキングや鉢植えの場合は乾きすぎないようにします。初夏以降は生育が旺盛になるので他の花を邪魔しないよう大きさをコントロールします。茎がポキポキ折れやすいので扱いには注意がいります

  • 管理:放任で構いませんが、横によく伸びるので切り戻しします。来年も使いたければ冬にイモを室内の寒暖の少ない場所で保管します
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を与えれば十分
  • 病害虫:葉が食べられることもありますが、大きな被害にはなりません

イポメアのアレンジ

洋風の庭に合います。暑さに強く丈夫なので、夏の寄せ植えの素材として使います。ただ葉が大きく、寄せ植えでは使いどころが難しいです。ハンキングなどに単植して潔く見せるのもいいかも。特に葉色が美しい「テラスライム」などの黄緑葉種は単植でも様になります。地植えなら初夏から秋限定のグランドカバーに向きます。明るい葉色が半日陰の庭を明るくします

イポメアの主な品種

黄緑葉種がよく出回っていますが、他にも斑入り葉種やブロンズ種、矮性種などいくつか品種が出回っています


「テラスライム」
イポメアの代表ともいえる品種。黄緑色の葉色は夏の強光でも色あせません

イポメアの個人的な印象

オススメ度:70%
寄せ植えに使うには葉が大きすぎるところがマイナスですが、夏に元気なのはポイント高いです

仲間の花

戻ります