本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

クサソテツ

戻ります

クサソテツのデータ

葉色:ライムグリーン緑
学名:Matteuccia struthiopteris
科名:コウヤワラビ科(分類には諸説あり)
分類:夏緑性多年草
原産地:日本・北半球の温帯地方
大きさ:背丈40〜80cm 横幅60〜150cm
主な見所:葉(春〜晩秋)

クサソテツの特徴

大きな羽状の葉を優雅に広げるシダ植物。ソテツの羽状葉を柔らかくしたような形をしています。自然では日なた〜半日陰の湿り気のある場所に群生しているのがよく見られます。日当たりの悪い環境にも耐え、姿も美しいので庭園や坪庭によく植栽されています。ただ乾燥にとても弱く、暑さにもやや弱いです。新芽は美しい鮮緑色。夏以降はやや濃い緑色になります

  • 難易度: 乾燥にとても弱いので注意
  • 日照量: 半日陰を好みます
  • 水分量: 乾燥は大の苦手ですが、水の滞留も嫌います
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

クサソテツの育て方

半日陰で水はけのよい、肥沃なやや湿った場所が好みです。木漏れ日の当たるぐらいの環境が最適で、完全な日影でも育ちますが葉色がやや悪くなります。また、乾燥に弱いですが乾燥させなければ日当たりのよい場所に置いても耐えます。春の芽出しがやや遅いので、枯れたと思ってすぐ抜き取らないで様子を見ましょう

  • 管理:水切れに注意します。枯れた葉は、根元から切り取ります
  • 肥料:用土が肥沃なら肥料は特に必要としません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

クサソテツのアレンジ

和の雰囲気が強く、和風庭園の石組みや坪庭、池や流れの周囲に植えるとよく合います。洋風の庭でも装飾的(列植など)に用いれば合います。自然風の庭の木々の下に植えるのもよいでしょう。優雅に広がる葉が魅力なので株間は考慮します

クサソテツの主な品種

特に品種はないようです

その他の写真


新芽の頃は美しい鮮緑色です


谷間状になった湿った場所に群生する様子

クサソテツの個人的な印象

オススメ度:60%
やや大きくなりますが和風の庭では使い勝手がよいです

コメント

  • アカンサスの和風バージョンといったところでしょうか。装飾的な植物です
  • 若芽はコゴミといって食用にします

戻ります