本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヘリアンサス


コヒマワリ


「レモンクイーン」

戻ります

ヘリアンサスのデータ

花色:
学名:Helianthus
別名:宿根ヒマワリ、ヘリアンサス
科名:キク科
分類:多年草(冬落葉)
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈15〜150cm、横幅20〜50cm
主な見所:花(6〜10月)

ヘリアンサスの特徴

ヘリアンサスには一年草のヒマワリなども属しますが、園芸では多年草のヘリアンサス属の花を指すことが多いです。ここでは、その多年草のヘリアンサス属の中でヤナギバヒマワリを除くものを紹介します。
多年草のヒマワリといった印象でよく似ていますが、より小型で野生的な印象の花を咲かせます。花期が長くて花つきがよく、夏の暑さや病害虫にも強い強健な印象です。株は直立する枝に濃い緑の葉をつけます。似たような名前の花に宿根ヒメヒマワリがありますが、葉の大きさがだいぶ異なるので見分けは難しくありません

  • 難易度: 暑さに強く丈夫です
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みます
  • 水分量: 水はけのよい土を好みますが、過度の乾燥も苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ヘリアンサスの育て方

丈夫な花なので、日当たりと水はけのよい場所に植えれば問題ありません。肥沃な土を好みますが、やせ地でもそれなりに育ちます。強い乾燥は苦手なので注意します

  • 管理:花がらは切り取ります。低い背丈で咲かせたい場合は1〜2回ほど摘芯します
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:アブラムシは駆除します。風通しが悪いと様々な要因で葉が汚くなりやすいです

ヘリアンサスのアレンジ

野性的な雰囲気で自然風の庭に向きます。ペレニアルガーデンやボーダーガーデンに合います。一年草のヒマワリよりも花期が長く、他の花とも合わせやすい印象です。寄せ植えもできますが、草姿を考えると地植えのほうが向いていると思います

ヘリアンサスの主な品種

咲き方違いでいくつか品種があります

コヒマワリH. decapetalus
冒頭写真参照。一重咲き種もありますが、一般的には八重咲き種がよく出回っています。高性で大人の目線程度まで伸びます


レモンクイーン
冒頭写真参照。よく出回っている有名改良品種。やや薄めの黄色い一重の花を咲かせます。草丈は大人の胸ぐらいまで伸び、小輪で花つきがよいです


ハッピーデイズ
改良品種。やや花弁が大きく花芯も目立つ黄色い一重の花を咲かせます。草丈はやや低めで、花はやや大きめです

ヘリアンサスの個人的な印象

オススメ度:65%
明るい花色と、丈夫で野趣のある姿が魅力です。葉が汚くなりやすいのが残念

コメント

  • 6月に入ってから摘芯すると開花はやや遅れます
  • ヤナギバヒマワリも「ヘリアンサス」の名でひとまとめで紹介されることも多いですが、草姿の印象や花期が異なるので、園芸的には分けたほうが良いと思います

仲間の花

関連の花

戻ります