本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

クリサンセマム・パルドーサム

戻ります

クリサンセマム・パルドーサムのデータ

花色:白
学名:Leucanthemum
別名:ノースポール
科名:キク科
分類:秋まき一年草
原産地:南ヨーロッパ
大きさ:背丈20〜30cm 横幅20〜30cm
主な見所:花(12〜6月)※冬の花の上がりはよくありません

クリサンセマム・パルドーサムの特徴

クリサンセマムという名で出回る花の中で一番有名で流通も多いです。白と黄色の小さな花を休みなく咲かせ続けます。葉には切れ込みが多く、株は自然とこんもりまとまります。寒さに強く暖地の陽だまりなら冬も花があがってきますが、普通は暖かくなる3月から本格的に咲き始めます。花色や形にクセがなく寄せ植えの名脇役としてよく用いられます

  • 難易度: 丈夫ですが春以降は害虫に注意
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 水はけのよい土を好みますが、ひどい乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

クリサンセマム・パルドーサムの育て方

晩秋に苗を求めて植えつければ、春までに根を張ってこんもりとした姿で自然にまとまります。株は強健で生育も旺盛ですが、日当たりが悪かったり過湿だと軟弱に育ってしまうので、少し放任気味のほうが立派に育ちます。暖かくなってからの害虫駆除もポイントです

  • 管理:終わった花は取った方がよく、あまりタネをつけさせると花つきに影響が出てきます。花の上がりが悪くなってきたら、元気な葉を残して切り戻しましょう
  • 肥料:株が疲れないよう緩効性肥料だけでなく、ときおり液肥を与えます
  • 病害虫:害虫はアブラムシやハモグリバエが多発します。暖かくなってきたらオルトラン粒剤をまいてあらかじめ予防しましょう。病気には強いです

クリサンセマム・パルドーサムのアレンジ

寄せ植え、庭植え、鉢植えなど様々な形で用いられているように、どのような使い方をしても、どんな花と合わせても調和します。刈り込めば整形花壇。自然の株姿を生かせばナチュラルガーデンにも向きます。こんもりまとまるので大鉢に単植するのもおもしろいです

クリサンセマム・パルドーサムの主な品種

花が大きい品種がときおり出回ります

クリサンセマム・パルドーサムの個人的な印象

オススメ度:70%
株がまとまりやすく花つきもよいのですが、害虫の被害もやや多いです

コメント

  • 個性がないのが個性といった印象で、様々なシーンで活躍できます

クリサンセマムの名で出回る別種の花

戻ります