本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ローダンセマム

戻ります

ローダンセマムのデータ

花色:ピンク白 葉色:シルバー
学名:Rhodanthemum
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:北アフリカ
大きさ:背丈10〜15cm(花茎20〜25cm) 横幅15〜20cm
主な見所:花(3〜6月)、銀葉(周年)

ローダンセマムの特徴

よく出回っているものはホスマリエンセとマウイで、ホスマリエンセは伸びた花茎に咲く白い花と切れ込みのある銀葉が美しいです。マウイは銀葉ではありませんが薄いピンク花で花つきがよいです。乾燥した山岳地帯に産するため高温多湿には弱いですが、初夏までならそれほど気を遣わず育てられます。夏越しした場合、秋に返り咲きすることもあります

  • 難易度: 暖地の夏越しは難しいので一年草扱いに
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: ジメジメした環境は苦手です
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では屋外で冬越しします。寒冷地では保護が必要です

ローダンセマムの育て方

初夏までは日当たりと水はけがよければ丈夫に育ちます。夏越しは涼しい場所で過湿にしなければ不可能ではありませんが、無理に越させるより次の年に花つき苗を求めた方がよいでしょう。花は雨除けをすれば長く持ちます

  • 管理:枯れた花は摘み取ります。長雨が続くなら軒下などに移動します
  • 肥料:開花時に液肥を与えます。多肥は好みません
  • 病害虫:あまり発生しませんが、アブラムシに注意

ローダンセマムのアレンジ

洋風の庭に合います。中ぐらいの背丈なので寄せ植えなら中間や真ん中に植えるとよいでしょう。できれば銀葉も見せられるような配置が好ましいです。多湿に弱いので地植えはあまりしませんが、ロックガーデンに植えれば高山植物のような雰囲気を出せるでしょう

ローダンセマムの主な品種

いくつか品種が出回っています

ホスマリエンセ(R. hosmariense)
白花で花芯は黄色。花茎は15cmくらいで銀葉です


「アフリカンアイズ」
白花で花芯は濃黄色。花茎は20cmぐらいで少し長めに感じます。銀葉です



マウイ(R. gayanum)
ガヤヌムの名でも出回ります。ピンクの花弁と茶色の花芯。緑葉です

ローダンセマムの個人的な印象

オススメ度:65%
花の上がりが良好で最盛期は綺麗です。雨で痛みやすいのが難点

コメント

  • 高温多湿に弱く、春に安価で良苗が出回るため、暖地では一年草扱いが無難です

戻ります