本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハギ

戻ります

ハギのデータ

花色:白
学名:Lespedeza
科名:マメ科
分類:落葉低木
原産地:日本・東アジア
大きさ:背丈1.0〜2.0m(3m) 横幅1.2〜2.5m(3.5m以上) 葉1〜4cm(互生)
主な見所:花(7〜9月)

ハギの特徴

暑さがやわらぐ初秋に風情のある花を咲かせます。ただ最盛期は初秋ですが夏にもパラパラと咲いています。花は蝶型の面白い形をしており、しだれる枝に控えめな感じで咲かせます。葉は縁にギザギザがない(全縁)の三枚複葉で種類や葉の大きさにより葉先が丸かったり尖ったりします。株は低木で、小さいうちはまるで多年草のように草っぽい印象を与えます。丈夫で育てやすいですが、まとまりづらく開花期も派手ではないので、整形された洋風の庭よりも和風や自然風の庭によく用いられます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます 。半日陰では花つきが落ちます
  • 水分量: 広い範囲に適応します。特に乾燥には強いです
  • 耐寒性: 寒さには強いです
  • 成長速度:早い 成長は早いですが管理で背丈をコントロールできます(剪定の項目参照)
  • 移植:落葉期 移植はやや難しい。できるだけ根を傷めないようにします

ハギの育て方

とても丈夫な木です。日当たりのよい、やや乾燥した場所が適地ですが広い幅で耐えます。砂のような土でも育つほどやせ地や乾燥に強いので、斜面の土留めなど実用的な使い方もできるほどです。ただ日照不足だと花つきが悪くなり魅力は半減します。株分けで増やせますが、移植に弱いので新しい苗を求めたほうがよいかもしれません

  • 管理:春に新芽が出て、ある程度伸びてきたら目立たないように緩く束のようにまとめると形がよくなります
  • 剪定落葉期 コンパクトに育てたければ、葉が枯れた落葉期に地際からバッサリ枝を切り取ります。春から出た新芽の先に花を咲かせるので、その後の剪定は形を整える程度とします
  • 肥料:早春に控えめに寒肥を与えますが、花がよく咲いているなら無理にあげなくても構いません。やせ地でも育ちます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ハギのアレンジ

花が控えめな印象で和風や自然風の庭によく合いますが、洋風の庭や整形花壇には合いません。横に広がりやすいのでやや広い場所に植えます。後々大きくなって困るような場所には植えないようにしましょう。やせ地や乾燥地に強いので、砂地の緑化や斜面の土留めなど実用的な使い方もできます

ハギの主な品種

いくつか種類がありますが一般的にみられるのはミヤギノハギの品種群です


ミヤギノハギ(L. thunbergii)
有名種。紅紫の花を咲かせますが、白の咲き分けなど花色や咲き方に変化が多いです。庭だけでなく公園やガーデンによく植えられています 。枝が長く伸び、柔らかいので枝垂れやすい種類です



シラハギ(L. japonica)
白い花を咲かせます。こちらもよく見かけます



キハギ(L. buergeri)
白地に紫の斑点のある花を咲かせます。草っぽい印象のハギの仲間では最も木に近い雰囲気があるため「木萩」と呼ばれています。葉先は尖っています。比較的よく植えられています



ヤマハギ(L. bicolor)
日本全国の山野に生えています。花色は紅紫色。開花期はやや早めで夏にはもう咲いています。花つきはまばらで、自然風の庭以外で植栽されることは少ないです

ハギの個人的な印象

オススメ度:65%
丈夫で病害虫も少ないですが、株がまとまりにくく花もやや地味なので使いどころは間違えないようにしましょう。自然樹形が魅力なので、狭い庭では持て余すことも多いです

コメント

  • 根粒菌を持っているため、やせ地でも育つことができます
  • 正確にはただハギといえばヤマハギ(L. bicolor)を指しますが、園芸ではハギといえばキハギやミヤノギハギに代表される原種や園芸品種全体を指します

戻ります