本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

向島百花園



江戸時代に江戸の商人が「新梅屋敷」として創立したのが始まりという歴史ある花園。戦災により当時をしのぶものは石碑程度ですが、現在はやや小さいながらも野趣のある花園として人気があります。秋の萩のトンネルが有名ですが、四季にわたって花木や山野草などが咲きます

入口

駅から少し歩きます。周囲は下町の雰囲気を色濃く残した地域です

地図(クリックすると拡大します)

特に順序はありません。園内はやや狭く30分程度で一周できます

庭門付近

庭門をくぐって園内に入りますが、その前に左手にある園内案内を見ておくと、どこに何が咲いているかわかります。山野草の中には目立たない花もあるので頼りになります

七草コーナー

春・夏・秋の七草が植えられています

園内の風景

園内は樹木が多く開放感はありませんが、その分自然な雰囲気です。園路は道幅が広くて段差も少ないので歩きやすく、ベンチも多数設置されています

御成座敷

集会所などに利用される座敷で、落語などのイベント時にも利用されています。建物前にはサクラやツツジ、ボタン、ハギなど様々な花木が植えられています

スカイツリー

スカイツリーに近く園内からでもその姿を望むことができます。ススキとスカイツリー、他ではなかなか得られない風景です。ただ、近くの建物も目に入るのが残念

池の風景

自然風の池は園内の雰囲気とよく合っています。スカイツリーが完成してからは、池からの景色が萩のトンネルに並ぶ名物になりました

文人たちの石碑

歴史を感じさせる文人たちの石碑。彼らも庭造りに協力したそうです。大名によって造られた有名庭園とは違った、庶民的な魅力を今に伝えています

萩のトンネル

名物の萩のトンネル。見ごろは例年9月の下旬ごろ。特に日差しのある日はトンネルの内部がキラキラして綺麗です

和風の花が中心

和風の園芸植物や有用植物が多いのが向島百花園の特徴。ユウガオの大きな実や、ヒョウタンなど、他の花園ではあまり見られないものも多いです

シンプルでわかりやすい花名表示

目立たないけれど分かりやすい花名表示板。良いと思います

売店

梅干や甘酒などが人気の売店。時期や時間によっては開いてないこともあります

場所 東京都墨田区東向島
交通 電車:
東武スカイツリーライン「東向島」徒歩8分
京成押上線「京成曳船」徒歩13分
バス:
都営バス『亀戸〜日暮里(里22)』「百花園前」下車徒歩3分
車:
公共交通機関利用を推奨(※駐車場はありません)
入場料 一般:150円 65歳以上:70円
小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)
URL http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index032.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★ ★★☆ ★★★☆
自然な雰囲気の和風の花園。園内はやや狭くボリューム不足は否めないものの濃縮された空間になっています。萩のトンネルが特に有名ですが、四季に渡って様々な花が咲きます。ミツバアケビやクズ、ヘビウリなど、他ではあまり見られない花や実が多いです。派手な花をたくさん見たいという場合には向きませんが、ゆっくり個性的な花を愛でたいという場合には良いと思います
公営のため入園料が安いのは嬉しいです
駅からやや歩きますがそれほど問題はないでしょう。ただ、東向島駅は快速や急行が通過する駅なので要注意。都内ですがアクセスは満点とはいえません。アクセスのよい日暮里や亀戸から出るバスを利用するのも手です
暗めの場所では夏〜秋に蚊が多いので注意
 ○2017年4月下旬の様子
ツツジやシャクナゲ、ヤエザクラなど春の花木が見頃。新緑も綺麗です。ただ、見頃の草花は少なめ。サクラソウの展示をしていました
○2014年9月下旬の様子
萩のトンネルが見ごろ。他にも秋の花が多数見られます
秋晴れの空に庭園とスカイツリーがよく映えました
注目の花:山野草、ハギ、各種つる植物など

戻ります