本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ラベンダー

戻ります

ラベンダーのデータ

花色:ピンク紫青紫白
学名:Lavandula
科名:シソ科
分類:常緑低木
原産地:地中海沿岸原産
大きさ:背丈20〜100cm 横幅20〜120cm
主な見所:花(5〜8月)※四季咲き種もあり、香り(全草)

ラベンダーの特徴

大別すると香りが強く暑さに弱いイングリッシュラベンダー系と暑さに強いフレンチラベンダー系、交配種のラバンディン系、耐寒性も耐暑性もやや弱いレースラベンダーに分かれます。初夏から夏にかけて青紫の美しい野趣に富んだ花を咲かせるとともに、葉や花などに独特の甘い香りをもちます。花色は青紫以外にもピンクや白色もあります。葉には細かい毛が生えており灰緑色をしています。より白みの強いシルバーの葉色を楽しむ品種もあります。北海道やイギリスの庭に咲いているイメージから人気があります。しかし、高温多湿にとても弱いので、日本の暖地では栽培しづらいのが難点でした。そこで暑さに強い交雑・改良品種が出回るようになっています。とはいえ、多少は改善されたものの高温多湿が苦手なこと自体は変わりません

  • 難易度: 株を長持ちさせるのは難しいです
  • 日照量: 秋〜春は日によく当て、夏は半日陰で育てます
  • 水分量: 乾燥を好み極端に過湿を嫌います。改良品種も例外ではありません
  • 耐寒性: ほとんどの品種は寒さにとても強いですが、レースラベンダー系など一部の品種は寒さに弱いです

ラベンダーの育て方

過湿を極端に嫌うので、砂やパーライトなどを混ぜた乾きやすい土に植えつけます。庭植えの場合はしっかり土壌改良した上で高植えにします。鉢植えの場合は梅雨に弱りやすいので、雨の当たらない場所に移動します。夏の暑さに弱いので、真夏は半日陰の涼しい場所に置き、それ以外の季節はしっかり日に当てます。フレンチラベンダーは比較的暑さに強く初心者向き。ラバンディン系は中級者向き。イングリッシュラベンダーやレースラベンダーは上級者向けです。またレースラベンダーは寒さに弱いので、霜が降りる地方では保護が必要になります

  • 管理:花がらは摘み取ります。梅雨前に収穫もかねて刈り込みます。フレンチ系以外の品種が夏越しできるかはその年の気候による運しだいのところもあります
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を少なめに与えます
  • 病害虫:病害虫はほとんどなく、蒸れのほうが心配です

ラベンダーのアレンジ

性質上、単独で鉢植えにして季節によって移動できるようにします。何かと合わせたい場合は寄せ鉢にします。風通しと日当たりがよくて常に乾いているような場所があれば、地植えにして大きな姿を楽しみたいです。環境さえ合えば毎年よく花を咲かせてくれます

ラベンダーの主な品種

様々な種類や品種が出回っています


イングリッシュラベンダー系(L.angustifolia)
単にラベンダーといえばこの品種群を指すほどポピュラーです。香りがよく、花も美しいものが多いですが、高温多湿にはとても弱いです



フレンチラベンダー系(L.stoechas)
フリルのついた個性的な姿です。香りはやや弱い。暑さには比較的強いです


「わたぼうし」
フレンチラベンダー系の品種



ラバンディン系(交配品種)
イングリッシュラベンダー系のアングスティフォリアとラティフォリア(スパイクラベンダー)の交配種で大型になります。イングリッシュ系に比べると暑さに強く丈夫ですが、花がやや小さめで、香りも弱いものが多いです



レースラベンダー(L.pinnata)
別名ピンナータ。切り込みのある繊細な葉が特徴です。花色はやや濃い目の青紫。寒さに弱く霜が降りる地方では保護が必要。暑さにも弱いので栽培は難しいです


ファーンラベンダー(L.multifida)
別名ムルチフィダ。レースラベンダーに似ていますが花色がやや薄めです。あまり出回りません。レースラベンダー同様、寒さに弱いです



斑入りラベンダー

ラベンダーの個人的な印象

オススメ度:50%
甘い香りは好みが分かれますが確かな個性があります。環境が良くないと枯れやすいので、憧れだけで導入するのは避けましょう

コメント

  • 暖地の有料ガーデンでイングリッシュラベンダーを植栽していることもありますが、数年で別の植物に入れ替わってしまう例を多く見てきました。高温多湿の暖地ではそれだけ長期間の維持が難しい証拠といえましょう。フレンチ系はそれなりの条件さえ整えば長期維持も十分可能です
  • 暖地でも長持ちしているケースは、斜面や、斜面の上に植えられていることが多いです。水はけがよいためだと思われます

戻ります