本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

リシマキア・キリアータ

戻ります

リシマキア・キリアータのデータ

花色:黄色 葉色:
学名:Lysimachia ciliata
科名:サクラソウ科
分類:半常緑〜常緑多年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈60〜120cm 横幅50cm〜(ほふく性)
主な見所:花(6〜8月)

リシマキア・キリアータの特徴

小さな黄色い花が咲く、やや高性になるリシマキアの仲間。花は派手に咲きませんが半日陰でも花つきは落ちにくいです。葉はツヤのないカサカサした印象で、株は地下茎で横に増え広がります。店頭では普通種はあまり出回らず、葉色が赤くなる品種「ファイヤークラッカー」が出回ることが多いです

  • 難易度: 乾燥に気を付ければ容易に育てられます
  • 日照量: 日当たりのよい場所では花つきがよいですが、半日陰でも花が楽しめます
  • 水分量: 乾燥にはやや弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

リシマキア・キリアータの育て方

とても丈夫な花です。日向から半日陰で育ちます。ただ「ファイヤークラッカー」は日当たりがよい方がの方が赤い葉が綺麗になります。池のそばによく植えられるほどやや湿った場所が適地で、乾燥は苦手です。地下茎で増えるので増えすぎに注意

  • 管理:増えすぎたら整理します
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えれば十分です
  • 病害虫:ほとんど発生しません

リシマキア・キリアータのアレンジ

野趣があり自然風の庭に合います。寄せ植えには使いづらく地植えに向いています。横に広がりやすく、半日陰の花壇や池周りなどに用います。「ファイヤークラッカー」の赤い葉を綺麗に見せたい場合は、なるべく日当たりと水もちがよい場所に植栽します

リシマキア・キリアータの主な品種

普通種を見かける機会が少ないほど「ファイヤークラッカー」がよく出回っています


「ファイヤークラッカー」
葉色が赤くなります。特に新芽の頃は深い赤です


普通種の緑葉。地味な姿なので自然風にこだわらない限りはあえて選ぶことはないと思います

リシマキア・キリアータの個人的な印象

オススメ度:70%
花は小さくそれほど目立ちませんが、丈夫な性質はよいと思います。「ファイヤークラッカー」は赤い葉色が綺麗に出ると、黄色い花とよくマッチします

仲間の花

戻ります