本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

キョウガノコ

戻ります

キョウガノコのデータ

花色:ピンク赤紫白
学名:Filipendula purpurea
別名:白花種のみナツユキソウ
科名:バラ科
分類:半常緑多年草
原産地:日本
大きさ:背丈20〜60cm 横幅20〜50cm
主な見所:花(5〜8月)

キョウガノコの特徴

日本産の園芸種(原産種ともされますが現在自生は見られません)で、とても歴史があります。赤紫の花穂と掌状の葉が和の趣を感じさせます。花はシモツケに似ていますが草姿と葉が違います。また、シモツケソウによく似ていますが、全体的に大振りになります。株は自然と姿がまとまるので手間はかかりません。茶花や日本庭園に用いられますが自然風の庭にもよく合います

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰が適地ですが、西日を避けられる日向でも育ちます
  • 水分量: 乾燥には少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

キョウガノコの育て方

丈夫で手間はかかりません。半日陰の場所が適地ですが、西日を遮光できるなら日当たりのよい場所でも問題ありません。肥沃でやや水もちのよい土を好み、乾燥は苦手です

  • 管理:花がらは切り取りますが、あとは放任で育ちます。春と秋の株分けで簡単に増やせます
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません。直射光による葉焼けには注意が必要です

キョウガノコのアレンジ

半日陰地の花壇に使えます。和の雰囲気が強い花ですが自然風の庭にもよく合います
掌状の葉も趣がありますがやや大振りでアレンジしづらいので、単独で郡植した例を多く見ます

キョウガノコの主な品種

白花種はナツユキソウの名で販売される事もあります。ただし、セラスチュームもナツユキソウの名で出回ります。姿が全然違うので間違えることはないでしょう。紅色が濃い改良品種もあります

シモツケソウ(Filipendula multijuga)
よく似ていますが全体的に小型で、花期がやや遅めです。こちらは山野で自生も見られます

その他の写真


キョウガノコの新芽。鮮緑色で綺麗です

キョウガノコの個人的な印象

オススメ度:80%
日本の気候や美意識によく合った花です。ただ、株も葉も大きくなるので、使いどころはよく考えた方がよいかもしれません

関連の花

戻ります