本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

セラスチューム

戻ります

セラスチュームのデータ

花色:白 葉色:シルバー
学名:Cerastium
別名:ナツユキソウ、セラスチウム、シロミミナグサ
科名:ナデシコ科
分類:常緑多年草
原産地:ヨーロッパ
大きさ:背丈15〜25cm 横幅30〜50cm
主な見所:花(4〜6月)、銀葉(周年)

セラスチュームの特徴

セラスチュームにはいくつか種類がありますが、園芸では一般的にシロミミナグサが出回っています。初夏に小さな白花を茎の先端につけます。花弁の先がハート型に裂けるのが特徴。花も美しいですが、白い毛の生えた銀葉に注目して寄せ植えに用いるケースも見かけます。株は地下茎でほふくして伸びます。夏の高温多湿に弱く、暖地では一年草扱いされることも多いです

  • 難易度: 高温多湿に弱いですが、それ以外には強いです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、夏は遮光します
  • 水分量: 乾燥を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

セラスチュームの育て方

日当たりがよく、水はけのよいやせた土の場所を好みます。過湿と多肥が苦手です。花が雨に弱いので、できれば雨よけをします。暖地では梅雨以降の高温多湿期に枯れやすいので、一年草扱いして毎年更新する方がよいかもしれません

  • 管理:放任でよいです。夏以降は株が倒伏しやすいものの、切り戻しで姿は整います。夏越しさせる場合は、枝を透かしたうえで雨の当たらない半日陰の場所に移動します
  • 肥料:定植時に緩効性肥料を与えれば十分です
  • 病害虫:あまり発生しませんが、たまにハモグリバエの被害がみられます

セラスチュームのアレンジ

洋風の庭に合います。寄せ植えの場合は調和役として用います。シロタエギクやシルバーレースなどと比べて葉が小さく繊細で、さらに花も楽しめます。地植えでは、乾きやすいロックガーデンのグランドカバーなどに向いています。どちらにしろ長雨に当てると倒伏しやすいので、雨よけができる環境が好ましいです

セラスチュームの主な品種

これといった品種はないようです

その他の写真


白い毛が生えた葉の様子。いかにも乾燥に強く、過湿に弱そうな印象です

セラスチュームの個人的な印象

オススメ度:50%
雨で花も葉も痛みやすいので、雨の当たらない環境を用意できるかで評価が変わりそうです

コメント

  • 図鑑などでは言及がない場合もありますが、南関東以西の暖地ではよほど条件が良くないと夏越しは難しい印象。個人的には一年草扱いが適切だと思います
  • ナツユキソウの名は英名のSnow-in-Summerからきたものですが、キョウガノコの白花種もナツユキソウの名で出回ることがあります。姿が全然異なるので混乱はないでしょう

戻ります