本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハナショウブ

戻ります

ハナショウブのデータ

花色:ピンク赤紫紫青紫青黄色白複色
学名:Iris ensata var. ensata
科名:アヤメ科
分類:夏緑性多年草
原産地:園芸品種
大きさ:背丈60〜150cm 横幅30〜80cm
主な見所:花(5〜6月)

ハナショウブの特徴

ノハナショウブの園芸種で、大きくは江戸系・肥後系・伊勢系に分かれます。花色が豊富でピンク〜紫、青、黄色、白まで揃います。花の形や咲き方も様々で、形は三映咲き・六映咲き・八重咲きに分かれ、さらに咲き方によって細分化されます。美しい花を咲かせますが花もちがとても短く、一週間もつかもたないかぐらいです。葉は細長く伸び主脈が目立ちます。濃い緑色で花との相性はとてもよいです。アヤメやカキツバタとよく似ていますが主に葉の形で見分けられます

  • 難易度: 適地なら丈夫です
  • 日照量: かならず日向で育てます
  • 水分量: 乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ハナショウブの育て方

日当たりと湿地を好みますが、乾きにくい土ならば畑地でも育ちます。綺麗に花が咲かないのは、乾燥よりも日照不足が失敗の原因になっている場合が多いです。植物園などでは開花期に株元まで水が浸っていますが、カキツバタやキショウブなどと異なり、ずっと株元まで水に浸っていると腐りやすくなります。栽培上は開花期だけにとどめ普段は土が湿っている程度にします。鉢植えの場合、初夏〜夏の乾燥に弱いのでその時期は腰水栽培(抽水栽培ではない)した方が無難です

  • 管理:花がらは摘み取ります。鉢植えの場合は毎年植え替えないと花つきが悪くなります。植え替えは花後に新芽を株分けして葉を半分程度切り戻してから行います
  • 肥料:春と花後と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:これといったものは発生しません

ハナショウブのアレンジ

鉢植えかミニビオトープ、庭の池などで育てます。ただ水が常に浸っていると問題があるので開花期だけ鉢植えを沈めたりして工夫します。乾燥させなければ畑地でも育ちますが、風情を考えると水辺に合わたいところ。公園などでよく見る群生美は狭い庭では出しにくいので、メインにすえて単独やビオトープの草花と合わせるといいと思います

ハナショウブの主な品種

江戸系:性質が強く屋外で楽しめる大型種が多い
肥後系:大輪で室内観賞向けに改良されました
伊勢系:小型種が多く鉢植え向きです。江戸系同様丈夫な種類が多い
これ以外にも系統があり、品種についても紹介しきれないほど多数あります。キショウブなどとの交雑種もあります


様々な花色

その他の写真


ハナショウブの葉。葉幅はアヤメとカキツバタの中間くらい。葉脈が目立ちます。葉色は緑

ハナショウブの個人的な印象

オススメ度:60%
美しい花を咲かせますが、鉢植えで植えっぱなしだと翌年咲きづらいのが難点です

コメント

  • 多くの品種があり、こだわるとバラ同様大変です
  • 常に水に浸っているのは苦手。池に地植えしたい場合はハナショウブではなく、カキツバタやキショウブなど水を好むものを選択します
  • カキツバタとは花期の違いや葉で見分けるのが確実。アヤメとは植栽環境と花の基部の網状模様のあるなしで見分ければよいでしょう

仲間の花

戻ります