本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アヤメ

戻ります

アヤメのデータ

花色:
学名:Iris sanguinea
科名:アヤメ科
分類:夏緑多年草
原産地:日本、東アジアほか
大きさ:背丈30〜60cm 横幅15cm〜30cm
主な見所:花(4〜6月)

アヤメの特徴

一般的にアヤメというとハナショウブやカキツバタなど、アヤメ科の雰囲気の似た花をまとめて呼ぶことが多く混同されがちです。正式にはアヤメとは本種を指し、他種とは花弁の基部に網目模様が入ることで区別できます。花は網目模様以外は他種とよく似ており、花色は紫や白があります。葉は細長く平べったいです。株はすっと上に伸びてスマートな印象。小型の矮性種もあります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

アヤメの育て方

日当たりと水はけのよい場所なら丈夫に育ちます。水が大好きなハナショウブやカキツバタとは異なり、適度な湿り気を好むため注意します。好みの条件さえ合わせれば特に問題なく花を咲かせてくれるでしょう

  • 管理:枯れた花は切り取ります。株が混んで見苦しくなってきたら花後すぐに株分けします
  • 肥料:緩効性肥料を花後と秋に控えめに与えます。多肥の必要はありません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

アヤメのアレンジ

和風や自然風の庭に合います。さっぱりした姿なので、坪庭に植えたり、群生させたり、他の宿根草と合わせたり様々な使い方ができます。楚々とした雰囲気が魅力なので、派手な花と組み合わせないほうが魅力が増します。洋風の庭には花色豊富なダッチアイリスの方が使いやすいでしょう

アヤメの主な品種

花色違いや矮性種、他種との交雑種が出回ります

アヤメの個人的な印象

オススメ度:70%
知名度のわりには見かけることが少なめな花ですが、和風の庭やナチュラルガーデンに使いやすいです

コメント

  • 鹿害などにより、山野で見かける機会が少なくなっています
  • 実際には、ハナショウブやカキツバタと葉の雰囲気がかなり異なるので、慣れればこの2種との区別は容易です

仲間の花

似ている他種


イチハツ(I. tectorum)
東アジア原産で日本にも帰化しています。アヤメより早咲きで4月中〜下旬ごろ開花します。花はやや大きめで、葉幅も広めなのでアヤメに比べ目立ちますが繊細さは欠けます。育て方はアヤメ同様で、とても丈夫な花です。販売されることは少ないですが山野草店などでたまに見かけます



ヒアオウギアヤメ(I. setosa)
日本の高山に湿地帯に自生しています。花期は夏。葉が名前の通り扇状に展開します。暑さが苦手なので平暖地で栽培されることはまれです

戻ります