本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ピラカンサ

戻ります

ピラカンサのデータ

花色:白 実色:
学名:Pyracantha
別名:ピランカンサス
科名:バラ科
分類:常緑低木
原産地:ヨーロッパ南部〜西アジア、ヒマラヤ
大きさ:背丈0.5〜2m(5m)、横幅0.3〜2m(3m)、葉3〜6cm前後(互生)
主な見所:花(5〜6月)、実(11〜*)

ピラカンサの特徴

ピラカンサにはいくつか種類がありますが、単に「ピラカンサ」といった場合、実が美しいトキワサンザシやヒマラヤトキワサンザシ、それらの改良品種を指すことが多いです。他にもタチバナモドキが育てられています。花は小さい5弁の白花で、やや大きめの花序になります。実はやや潰れたような球形で晩秋に色づきます。実の色は赤〜黄色。葉は長楕円形の濃緑色で実とのコントラストが美しいです。株は低木なのでそれほど背丈は高くなりませんが、成長が非常に早く徒長枝がよく出るので毎年管理が必要になります。枝には鋭いトゲがあるので、侵入防止用の生け垣など実用目的で用いられることもあります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 花つきは悪くなりますが半日陰でも育ちます
  • 水分量: 幅広い環境で育ちます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いです
  • 移植:春・秋 移植はやや難しい

ピラカンサの育て方

日当たりのよい場所を好みますが、半日影でも育てられます。日陰でも育つには育ちますが、花つきや実つきに大きな影響があるので勧めません。土壌は特に選ばず、乾燥地でも湿りやすい場所でも育ちますが、やや乾燥しやすい場所の方が好みのようです。丈夫な樹木で、育てる条件云々ということより、見栄えよく管理(剪定・誘引)するほうに気を使います

  • 管理:放任すると徒長枝が伸びて見苦しいので毎年剪定が必要です。壁面には這わす場合は、まだ徒長枝が柔らかいうちに伸ばしたい方向に水平に枝を伸ばしていきます。つる植物とは異なり自然と巻きつくわけではないため、誘引ワイヤーや支柱などを用います
  • 剪定6月以降 花後の6月以降に、花芽をつけなかった徒長枝を剪定して実がよく見えるようにします。また、秋以降に徒長した枝には花をつけないので切り詰めてよいでしょう。花芽は充実した短い枝につきます。花芽がついた枝の区別が分からなければ、花芽が分かりやすくなる3月以降の剪定でも問題ありません
  • 肥料:鉢植えの場合は緩効性肥料を生育期に与えます。地植えの場合は花や実つきが問題ないなら無理に与える必要はありません。生育が悪いようなら遅行性肥料を早春に与えます。チッソ肥料の上げ過ぎはさらなる徒長を招くので注意
  • 病害虫:特に気になるものはありません

ピラカンサのアレンジ

洋風の庭に合います。和風の庭でも使われることがありますが、あまり合いません。放任すると見苦しいため生け垣や仕立てもの、壁仕立てなどに向いています。毎年の剪定が必要なものの、丈夫で病害虫もほとんどつきません。そういった意味では管理は楽といえるかもしれませんが、枝のトゲには要注意。地植えすると管理が大変なので、鉢植えで盆栽風に育てるのも楽しいです

ピラカンサの主な品種

トキワサンザシやヒマラヤトキワサンザシ、それらの改良品種がよく出回っています。他にもタチバナモドキが育てられています


トキワサンザシP. coccinea
ヨーロッパ南部〜西アジア原産。果実は赤と黄色。単に「ピラカンサ」というと本種かヒマラヤトキワサンザシのことが多いです。葉には緩めの鋸歯があり、若葉には毛がありますが成長すると毛がなくなります



ヒマラヤトキワサンザシP. crenulata
ヒマラヤ地方原産。果実は濃い目の赤色。実が密につき、くっついてるように見えるのが特徴。葉は緩めの鋸歯があり、やや大きめで無毛。ただ、トキワサンザシとの違いは曖昧で同定は難しいです


タチバナモドキP. angustifolia
別名ホソバノトキワサンザシ。東アジア原産。果実は橙色。葉は全縁で裏面に毛が密生します。トゲが多くつき、枝が密になりやすいので生け垣に向いています

ピラカンサの個人的な印象

オススメ度:60%
丈夫で育てやすく、実はもちろん白い花も美しいです。ただ、放任すると徒長枝が伸びて不整形な姿になるので、誘引や剪定の管理が必要です

コメント

  • 赤い実の品種と黄色の実の品種を寄せ植えした鉢植えが販売されていますが、特別な管理をしないと赤い実の株が枯れて、黄色い実の株だけになってしまいます。黄色い実の品種の方が性質が強いのかもしれません
  • 種類の同定についてですが、トキワサンザシおよびヒマラヤトキワサンザシと、タチバナモドキとの同定は葉の違いがあるためそれほど難しくないです。一般的には実の色で区別するといわれていますが、トキワサンザシの改良品種には黄色実種もあるので、タチバナモドキとは単純に実の色で区別するのは難しく、葉で区別する方が分かりやすいです。一方、トキワサンザシとヒマラヤトキワサンザシとの区別は曖昧で、さらに園芸品種も多いため同定は難しいです。この2種は育て方も変わらないので、園芸上では厳密に区別する意味はあまりないのかもしれません
  • 果実は毒があるといわれており、そもそも美味しくないとされるため人間の食用に適していません。一方、鳥には好評のようで、食べ物が少なくなる真冬以降にはいつの間にか食べられてしまいます。一説には、晩秋から初冬には苦み成分が多く含まれ、真冬の他の食べ物がなくなるころには苦み成分が少なくなるとか。生き残りのための知恵なのかもしれません
  • こぼれダネで増えることがあります。ただ、実生の場合は実をつけるようになるのに年月が必要なことと、挿し木が簡単にできることから、こぼれダネで増えた苗を育て上げるメリットは少ないです
  • トゲが鋭いので大きな株を剪定する場合はバラ用手袋を着用したいです

戻ります