本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

スパラキシス

戻ります

スパラキシスのデータ

花色:オレンジ黄色白複色
学名:Sparaxis
別名:スパラクシス
科名:アヤメ科
分類:秋植え球根
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈15〜30cm、横幅10cm〜20cm
主な見所:花(4〜5月)

スパラキシスの特徴

スパラキシスの仲間にはいくつか種類がありますが、日本で一般的に出回っているのはトリカラーと、その交雑品種です。春に咲く花は6弁で整った形。花色が多く派手でよく目立ち、花芯には特徴的な黄色や黒色が入るものが多いです。葉は細長い葉。株は小型であまり大きくなりません。

  • 難易度: 丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 排水のよい土を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地なら屋外でも冬を越しますが、強く冷え込む地域は保護します

スパラキシスの育て方

植えつけ時期は10月から11月ごろ。植えつけ深さは5〜10cm程度とします。日当たりのよい場所を好みます。比較的乾燥した環境を好み、ジメジメは苦手なので水はけのよい土に植えます。ただ、植えつけから葉が自然に枯れるまでは水切れに注意します。南アフリカ原産種なので耐寒性はやや弱いですが、南関東以西の暖地なら屋外でも管理できます

  • 管理:終わった花は切り取ります。葉が自然に枯れるまで肥培すれば来年も楽しめます。夏に球根が腐りやすいので、地植えの場合は葉が枯れたら掘り上げ冷暗所で乾燥貯蔵します。鉢植えの場合は葉が枯れたら雨の当たらない軒下などに移動します
  • 肥料:元肥を施し、花後はカリ分の多い肥料を与えて肥培します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

スパラキシスのアレンジ

洋風の庭によく合います。派手な花なので自然風の庭や和風の庭にはあまり合いません。花は派手ですが株も花も小さいため、ある程度まとめて植えて量感を出すとよいでしょう。地植えでも鉢植えでも楽しめます

スパラキシスの主な品種

トリカラー(S. tricolor)と、その交雑種が出回っています。いくつかの花色をミックスした状態で販売されていることが多いです


花色が薄ピンクの品種

その他の写真


一株での草姿。単独で植えても魅力が出せないので、ある程度まとめて植えるとよいでしょう

スパラキシスの個人的な印象

オススメ度:50%
使いどころは難しいものの、派手でよく目立つ花は確かな個性があります

戻ります