本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サンタンカ

戻ります

サンタンカのデータ

花色:赤白
学名:Ixora
別名:イクソラ、サンダンカ
科名:アカネ科
分類:常緑低木
原産地:東南アジア〜南アジア
大きさ:背丈25〜100cm(2m)、横幅25〜70cm
主な見所:花(5〜10月)

サンタンカの特徴

照りの強い濃緑の葉と、鮮やかな赤やオレンジの小花を房状につける姿が熱帯の花木らしいエキゾチックな印象です。小さな花が集まり、全体で見ると丸みを帯びた花序になります。花色は赤が美しく人気ですが、オレンジや黄色などもあります。葉は照りが強く濃緑で、特に赤色の花との対比は見事です。半日陰に強く、やや湿った環境でも育つので、室内鉢花や半日陰の夏花壇にも用いられるようになりました。ただし、強い日ざしのある場所では葉焼けしてしまいます

  • 難易度: 丈夫ですが、水切れと葉焼けに気をつけます
  • 日照量: 夏は半日陰で管理します
  • 水分量: 鉢植えは水切れに注意
  • 耐寒性: 5℃程度で冬越しします

サンタンカの育て方

春と秋は半日以上の日当たりのよい場所、夏は半日陰で育てます。肥沃なやや湿った場所を好み、乾燥は苦手です。高めの空中湿度を好みます。冬越しする場合は窓際に置いてよく日に当てます

  • 管理:花が終わったら切り取ります。剪定の適期は秋の花が終わりかけたころで、そのまま冬を越させます
  • 肥料:成長中の初夏から夏まで緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

サンタンカのアレンジ

鉢花として楽しむのが一般的ですが、地植えして夏花壇に用いることもできます。サンタンカは苗も出回るので、冬越しを考えずに使えばエキゾチックな花壇ができます。花色によって印象は変わりますが、葉が硬質なので熱帯から亜熱帯原産の植物同士でまとめるとよく合います

サンタンカの主な品種

店頭では交配種が出回ることが多いです。ポピュラーな赤以外にも、ピンクやオレンジ、黄色、白の花色があります

サンタンカI. chinensis):東アジア南部〜東南アジア原産の原種


コバノサンタンカ
コッキネア(I. coccinea)の栽培品種。葉も株も小さく、沖縄などの暖かい地方では低めの生垣や境裁などに使われています


スーパーキング
大きな赤い花の咲く有名品種。ダッフィー(I. duffii)との交配種といわれています


チャームピンク
ピンクの花を咲かせます


サンタンカのオレンジ花品種と黄色花品種

サンタンカの個人的な印象

オススメ度:65%
丈夫ですが、ペンタスなどに比べると硬い印象で、寄せ植えで合わせられる種類は限定されます。一株でも十分見ごたえがあるので単独で楽しむ方が良いかもしれません

コメント

  • サンタンカには様々な種類があり、交配種も多いため園芸書でも名称の混乱が見られます

戻ります