本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ロータス・ヒルスタス

戻ります

ロータス・ヒルスタスのデータ

花色:、葉色:
学名:Lotus hirsutus
流通名:ロータス・ブリムストーン
科名:マメ科
分類:常緑低木
原産地:地中海沿岸
大きさ:背丈20〜100cm、横幅20cm〜100cm
主な見所:花(5〜7月)

ロータス・ヒルスタスの特徴

原種はほとんど出回らず、ライムグリーンの葉色が美しい園芸品種の「ブリムストーン」が店頭に並びます。花は白で、淡いピンク色がのることもあります。マメ科特有の形で、茎先端に花序を作ります。葉は小さく柔らかで、白い毛が生えています。新芽の色は明るい色になります。枝は新芽は柔らかですが、徐々に木質化します。株はこんもりとしたブッシュ状になり、年を重ねると背丈も横幅も広がります。寒さには強いですが、寒い地方では半常緑になることもあります。

  • 難易度: 丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 比較的乾燥に強く、ジメジメした環境は苦手です
  • 耐寒性: 関東以西の暖地なら屋外でも問題ありません

ロータス・ヒルスタスの育て方

日当たりのよい場所を好みます。日当たりの悪い場所だと徒長しやすく上手く育ちません。比較的乾燥した環境を好み、ジメジメは苦手なので水はけのよい土に植えます。やせ地でも育ちます。好みの環境を用意できれば楽に維持できるので最初が肝心です

  • 管理:枝が伸びすぎたら全体を切り戻します。枝が古くなると木質化しやすいので、低い背丈のまま維持したい場合は、背丈が低いうちからこまめに剪定します
  • 肥料:長期間効く緩効性肥料を春と秋に控えめに与えます。多肥の必要はありません
  • 病害虫:たまにアブラムシ発生します

ロータス・ヒルスタスのアレンジ

洋風の庭に向いています。ドライな庭によく合いますが、自然風の庭にも合わせられます。ただ、和風や、しっとりした雰囲気の庭には向いていません。寄せ植えやハンキングに用いられますが、地植えにも使えます。放任すると年々大きくなりますが、管理すれば低い背丈でも維持可能です

ロータス・ヒルスタスの主な品種

一般的にはヒルスタスの名前では出回らず、ライムグリーン葉の園芸種のブリムストーンの名で流通しています。原種および、それ以外の品種を見ることはほとんどありません

ブリムストーン
冒頭写真参照。ライムグリーンの葉色が美しく、新芽も明るい黄色になります

その他の写真


花。エンドウ豆のような形の花です


木質化した枝

ロータス・ヒルスタスの個人的な印象

オススメ度:70%
好む環境に植えれば丈夫で育てやすいです。上手に管理すれば花も楽しめます

コメント

  • フラワーアレンジに使われることもあります
  • 一般的には寄せ植え素材にされがちですが、低いブッシュ状の樹木として花壇に使うのもよいでしょう

戻ります