本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

リンドウ

戻ります

リンドウのデータ

花色:ピンク青ブルー白
学名:Gentiana
科名:リンドウ科
分類:夏緑多年草
原産地:日本・世界の温帯
大きさ:背丈10〜120cm 横幅15〜50cm
主な見所:花(8〜10月)※品種によっては春・初夏咲きもあります

リンドウの特徴

リンドウには変種も含め様々な種類があります。園芸ではリンドウとその変種のササリンドウ、キリシマリンドウ、さらにはエゾリンドウなどの原種や改良・交配種などが栽培されています。草丈が10cmにも満たない矮性種から、切花向きの高性種までありますが、一般的に店頭で出回るものは草丈が低いものが多いです(矮化剤を使用しているものもある)。花色は青紫の他に紅やピンク、白があります。上向きに咲く花は日差しを受けて開きますが、切花向きの品種の中には元々しっかり花が開かない品種も出回っています。葉は細長く、葉色がやや黄色ぽくなります。背丈の低いものは横に広がるように大きくなるものが多いです

  • 難易度: 比較的丈夫ですが、適地に植えないと枯れることも
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます。また日が差さないと花が開きません
  • 水分量: 乾燥に弱いですが、一方で過湿も苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

リンドウの育て方

日当たりの良い、肥沃で水はけ水もちのよい場所が適地です。強い乾燥は苦手ですが、一方で過湿にも弱いので土質には気をつけます。土はやや酸性を好むので、鉢植えの場合は基本用土を鹿沼土にします。高山性のものは暑さに弱いので鉢植えで育てます

  • 管理:株の寿命が短いので、勢いが衰えたら株分けや挿し芽で株を更新します。株分けは春が適期。挿し芽は初夏が適期です。鉢植えの場合、真夏は西日の当たらない半日陰に移動します
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:アブラムシやさび病が発生することがあります

リンドウのアレンジ

和風の寄せ植えによく合います。青紫にシックな色なので色々な植物に合わせられます。洋風の庭に使うならピンクや白花を用いるとよいと思います。暖地では地植えでの夏越しが難しいため鉢植えで育てますが、シンキリシマリンドウはやや暑さに強いのでグランドカバーにも使えます

リンドウの主な品種

原種や変種、改良品種や交配種など、様々な種が出回っています

キリシマリンドウ系G. scabra var. buergeri f. procumbens
草丈がやや低め。園芸店でよく出回っている花苗の交配親になっていることが多いです

「シンキリシマリンドウ」
キリシマリンドウとナツリンドウの交雑種。鉢植えで売られている草丈の低いものは本種か、その改良品種が多いです。横に広がって育ちます。他のリンドウと比べ暑さに強く丈夫


エゾリンドウ系G. triflora
この系統は切り花向きの品種が多く、また寒さに強く暑さに弱い傾向があります。生花店でよく見かける高性種のほかに、近年は鉢植え向きの改良交配品種も増えてきています

「シャインブルーアシロ」(青)と「メルヘンアシロ」(ピンク)
鉢植え向きの改良品種。花色が色あせにくい。開花期が長いのも特徴


「いわて乙女」
青紫の花色で、草丈30cm前後のやや矮性の品種。花はほとんど開きません


「ももずきんちゃん」
交配品種。ピンクの花色で、草丈40cm前後のやや矮性の品種。花が少し開きます

「安代の秋」:切花リンドウの代表的な品種。青紫の花色が鮮やか


高性の品種



リンドウG. scabra Bunge var. buergeri
日本各地の山野に普通に生えている野生種。園芸以外で単にリンドウといえばこちらの種を指します。やや小さめの青紫の花を咲かせます。開花期は秋から晩秋。園芸店で出回ることはまれですが、自然公園等で見かけることが多い花です

リンドウの個人的な印象

オススメ度:70%
暖地と寒冷地では使う種類を使い分けましょう。比較的丈夫ですが、そこそこの環境を与えてあげないと枯れやすいです

コメント

  • 基本的に暑さに弱く暖地での使い勝手はよくありません。一方、寒冷地では使いやすい花です
  • 高山性の品種は山野草店などで出回っています。さらに暑さに弱いため栽培は難しい
  • 安代(あしろ)は岩手県の地名で、「ももこりん」「あおこりん」「アシロシリーズ」や「いわて乙女」も岩手県で作出されました。岩手県はりんどうの生産・改良が盛んです

戻ります