本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

キントラノオ

戻ります

キントラノオのデータ

花色:
学名:Galphimia glauca
流通名:コウシュンカズラ・ミリオンキッス
科名:キントラノオ科
分類:常緑低木
原産地:中央アメリカ
大きさ:背丈30〜100cm、横幅30cm〜80cm
主な見所:花(8〜11月)

キントラノオの特徴

花が似ている別種のコウシュンカズラに「ミリオンキッス」の名をつけて出回ることが多いですが、コウシュンカズラはつる性で大きくなり、葉の印象もかなり異なります。本種は立性で葉も小さいです。
花は黄色で、枝先に総状の花序をつけます。花弁の間の隙間が広く個々の花は個性的ですが、全体で見るとそれほど癖はありません。葉は楕円形〜倒卵形で、寒さに当たると紅葉します。株はブッシュ状になり、環境が良いと自然とまとまって綺麗です。耐寒性はやや弱く、暖地でも屋外では葉が落ちたり、枝が枯れたりしやすいです

  • 難易度: やや寒さに弱いですが、丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性はやや弱いですが、南関東以西の暖地なら霜除け程度で屋外でも冬を越します。ただ、葉が紅葉したり落葉します

キントラノオの育て方

暖かい時期は水切れ以外には強く、丈夫で育てやすいです。日当たりの良い場所で育てます。半日陰でも育ちますが、徒長して姿が乱れやすく花つきも悪化します。水はけと水もちの良い土に植えます。生育期に乾燥させると弱りやすいです。冬越し中は乾燥気味にします

  • 管理:株は自然とまとまります。花が咲き終わったら花穂を切り取ります。冬はなるべく暖かい場所に移動します。暖地以外は屋内で保護したほうが安全です。冬越ししたら、枯れ枝を切ったり剪定します。初夏以降は花芽を残すため剪定は控えます。植え替えは初夏に行います
  • 肥料:長期間効く緩効性肥料を植えつけ時に与えます。冬越し後の初夏と、秋に緩効性肥料を適量与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

キントラノオのアレンジ

洋風や和風の庭に向いています。やや硬い雰囲気で自然風の庭にはあまり向きません。冬越しのことも考えて一般的には鉢植えにします。霜の降りにくい暖地なら地植えも不可能ではありません。横に広がりやすいので寄せ植えには向いていません。花期は夏から秋なので、寄せ鉢で紫系のサルビアと合わせたり、黄色の山野草などと合わせるとよいでしょう

キントラノオの主な品種

これといった品種はないようです

その他の写真


花のアップ。花弁の間が離れているのが特徴


寒さに当たって紅葉している様子。さらに寒さに当たると落葉してしまいます


冬越し後の枝から芽吹いた様子

キントラノオの個人的な印象

オススメ度:70%
背丈が低く自然とまとまりやすいのは好印象。暖かい時期は非常に丈夫ですが、冬に屋外で育てると見苦しい姿になりがちです

コメント

  • 真夏は水あげが非常に良くなり乾燥しやすいです。あまりに乾燥するようなら、受け皿を使って腰水栽培してもよいでしょう
  • 温暖化のせいか南関東以西の暖地なら、霜除け下で屋外でも冬を越せます。ただ、油断すると落葉したり枝が枯れたりしやすいので、なるべく暖かい場所に置きましょう
  • コウシュンカズラとは花以外あまり似ていません。まぎらわしいので、他の流通名を考えてほしいところです。鉢花として評価した場合はキントラノオの方が扱いに優れています

戻ります