本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ブルーファンフラワー

戻ります

ブルーファンフラワーのデータ

花色:紫青紫
学名:Scaevola aemula
別名:スカエボラ
科名:クサトベラ科
分類:多年草(常緑)、一年草扱い
原産地:オーストラリア
大きさ:背丈15〜30cm、横幅30〜50cm
主な見所:花(5〜11月)

ブルーファンフラワーの特徴

扇や天狗のうちわのような独特な形の花。紫〜青紫色の花色が涼しげな印象ですが暑さには強いです。花は短い花穂に円状につきます。花つきは良好で、雨に当てなければ花もちも優れています。葉は小さめで鋸歯が目立ちます。株は横に広がるように伸び草丈は高くなりません。半耐寒性ですが、南関東以西の暖地なら陽だまりの軒下などで冬越し可能です

  • 難易度: 冬越し以外は難しくありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 少し乾燥気味の環境を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では霜に当てなければ軒下などで冬越しします。寒冷地では室内に入れるか一年草扱いにします

ブルーファンフラワーの育て方

初夏に出回る苗を購入します。日当たりと水はけのよい、肥沃な土の場所が適地です。半日程度の日当たりでも花を咲かせてくれますが、花つきが悪化し茎が徒長しやすくなります。株が横に広がりやすいので株間は十分空けておきます

  • 管理:定植時に摘心しておくと、こんもりした株になります
  • 肥料:植えつけ時に元肥を与え、開花期は液肥を適切に与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ブルーファンフラワーのアレンジ

洋風の庭に合います。グランドカバーにも使えますが、ハンキングや吊鉢、背が高い鉢に植えると枝が垂れるように伸びていくので綺麗に育ちます。寄せ植えの場合は端側に植えましょう。花の形は個性的ですが、小さめで印象が強くないので多くの花と合わせることができます

ブルーファンフラワーの主な品種

花色が濃い品種と薄い品種がありますが、店頭で品種立てて販売されることは少ないです


白花種

その他の写真


徒長した株の様子。日当たりがよくないと見栄えが悪くなります。なるべく日当たりがよい場所に置いてあげましょう

ブルーファンフラワーの個人的な印象

オススメ度:65%
花つきがよく、花も美しいですが、花色が少ないので使い方が限られやすいです

コメント

  • 近年は他の花に押され気味で見かける機会が減っています
  • 暖地でも条件のよい場所がなければ一年草扱いになるでしょう

戻ります