本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ホウセンカ

戻ります

ホウセンカのデータ

花色:ピンク紫白
学名:Impatiens balsamina L.
科名:ツリフネソウ科
分類:春まき一年草
原産地:東南アジア〜南アジア
大きさ:背丈25〜60cm、横幅15〜30cm
主な見所:花(6〜9月)

ホウセンカの特徴

熱帯原産で、昔から学校の教材などでもおなじみの花です。花はよく見ると変わった形で後ろ側にひげのような距が出ています。花色は赤やピンク、紫、白などがあり、豪華な八重咲きやバラ咲きなどもあります。花後にできる丸い実は触るとタネがはじけて飛びます。葉はやや細長い楕円形で葉縁の鋸歯が目立ちます。株は茎が直立し、頂部よりやや下の位置の葉腋に花が咲きます。改良品種には矮性種もあります。暑さに強く夏花壇にピッタリです

  • 難易度: やさしいですが病害虫に注意
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 強い乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 一年草です

ホウセンカの育て方

日当たりと水はけ、水もちのよい場所が適地です。乾燥に弱いので乾き過ぎない場所に植えます。一方で、ジメジメしすぎると立ち枯れ病が出やすいので水はけもしっかり確保します。半日陰でも育つとする向きもありますが、真夏以外は日当たりのよい場所の方がいいと思います。梅雨期のうどんこ病やセスジスズメの幼虫は厄介なので早めに対処します

  • 管理:できれば花がらは切り取った方がよいです。
    真夏の間、鉢植えが乾きすぎる場合は半日陰に移動します
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:セスジスズメの幼虫(体が黒に黄色の斑点)がよく発生します。かなり厄介です。病気はうどんこ病に注意
  • タネから

    タネが大きいので育てやすいです。移植を嫌うので直まきかポット植えにします。寒さに弱いのでやや遅まきにします。育苗は楽です

ホウセンカのアレンジ

洋風の庭に合います。矮性種は寄せ植えや花壇に向いています。株が横に広がりにくいのでアレンジもしやすいです。頂部の葉が目立つので見下げる位置よりも、なるべく目線に平行に近い位置で植えてあげるとよいと思います。高性種は切花や花壇に向いています

ホウセンカの主な品種

矮性種や八重咲き種がよく出回っています


赤や紫の花色

その他の写真


花にはひげのような距があります

ホウセンカの個人的な印象

オススメ度:60%
暑さに強く丈夫な花ですが、病害虫にはやや弱い印象。派手めな花色にしては、花が茎の中間で咲くので意外と花が目立ちません

コメント

  • よく名が知れた花ですが、園芸で使われる機会はそれほど多くありません。頂部が葉の多い、独特な姿になってしまうのが原因と思われます

戻ります