本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヘレニウム


戻ります

ヘレニウムのデータ

花色:黄色
学名:Helenium
別名:ダンゴギク
科名:キク科
分類:多年草(冬落葉)、一年草扱い
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈60〜100cm、横幅50〜80cm
主な見所:花(6〜10月)※最盛期は夏〜秋

ヘレニウムの特徴

花芯が盛り上がって独特の姿になり、暖色系の花色が夏花壇を彩ります。花は花弁がオレンジから黄色で、黄褐色の花芯がダンゴギクの別名のとおり盛り上がります。葉は長楕円形で、株はやや横に広がるようにこんもりします。花期が長いうえ花つきもよいです。野趣のある姿なので自然風の植栽によく使われています。品種によっては花芯がそれほど盛り上がらないものもあります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みます
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

ヘレニウムの育て方

日当たりと水はけよい場所に植えます。適地なら数年は植えっぱなしにできます。荒れ地のような場所でも放任で育つほど丈夫な花ですが、一方でジメジメした環境や日当たりの悪い場所では貧弱に育ってしまい魅力を発揮できません

  • 管理:花がらは摘み取ります。背丈を抑えたい場合は初夏に摘心して枝数を増やします
  • 肥料:初夏と秋に緩効性肥料を与えます。チッソ肥料のあげすぎに注意します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ヘレニウムのアレンジ

とても目立つ花ですが、野趣があるので自然風のペレニアルガーデンにもよく合います。陽気な雰囲気が魅力なのでしっとりとした和風の庭には向きません。横に広がるので地植えに向いており、鉢植えにはあまり向いていません。地植えの場合も株間は十分に取ります

ヘレニウムの主な品種

一般的にはオータムナーレ(H. autumnale)の改良品種や交配品種が出回っています。店頭では花色違いが出回る程度なので、珍しい品種は通販で求めます


マリアッチ
黄色やオレンジ、赤橙など様々な花色が揃います。まとまりが良い品種

マーディグラス」:改良品種。花色が黄オレンジから赤オレンジ色に微妙に変化します。
オータムロリポップ」:改良品種。花芯が丸くなるかわいい品種


花芯があまり盛り上がらない種(種名不明)

ヘレニウムの個人的な印象

オススメ度:75%
花は個性的ですが、花期が長く、適地であれば丈夫なのでお勧めです

コメント

  • 品種によっては初夏咲きだったり、花芯があまり盛り上がらないものもあったりするようですが園芸書には記載が少ないです。私の育てているものも種名が不明なものがあります。中には性質が弱いものもあるので、普通は店頭に出回る一般種を求めた方がよいかもしれません

戻ります