本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

フウロソウ


戻ります

フウロソウのデータ

花色:赤ピンク赤紫白
学名:Geranium
別名:ゲラニューム
科名:フウロソウ科
分類:多年草(落葉〜常緑)
原産地:東アジアなど
大きさ:背丈10〜30cm、横幅20〜60cm(ほふく性)
主な見所:花(4〜10月)※初夏が最盛期

フウロソウの特徴

園芸でフウロソウと呼ばれる花にはたくさんの種類があります。店頭によく出回っているのは欧米で改良・交雑された品種が多いです。また、外国産の原種で葉がやや大きく赤紫の花が咲くアケボノフウロやグンナイフウロもよく見かけます。日本産の原種では赤紫や白い小花が咲くゲンノショウコなどがありますが、店頭で見かける機会は多くありません。いずれも可憐な印象で、どことなく野草の雰囲気をもっています。種類や品種によって冬に常緑を保つものと葉を落とすものがあります

  • 難易度: 比較的丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます、夏の西日は遮光します
  • 水分量: 水はけのよい土を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

フウロソウの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えます。できれば、乾きやすく風通しのよい環境で育ててあげたいです。植え込む際は砂などを混ぜ土壌改良をしっかり行います。鉢植えの場合はハンキングや吊鉢などを活用します。夏の暑さは苦手なのでなるべく涼しい場所に置き、西日は避けます。株が込みすぎると蒸れるので、伸びすぎたら春や秋に株分けします

  • 管理:放任でよいです。伸びすぎたら切り戻しや株分けを
  • 肥料:少なめに与えます。多肥の必要はありません
  • 病害虫:ナメクジが食害する程度です。高温多湿による立ち枯れに注意

フウロソウのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。株は横に広がるのでその点を考えて植えましょう。小型種以外は地植えをおすすめします。欧米の自然風のガーデンではよく植えられますが、夏に蒸し暑い日本の暖地では気軽に使えないのが残念。使う場合は丈夫な品種を選択し、条件の良い場所に植栽します

フウロソウの主な品種

欧米から様々な改良品種が入ってきていますが、アケボノフウロに代表される丈夫な在来種も人気があります。とにかく種類が多く、改良交雑も盛んなため品種の同定は難しいです


アケボノフウロG. sanguineum
赤紫の花。株は横に広がるように伸びます。様々な改良品種の元親になっています。暑さに強く暖地でも比較的育てやすいです


ストリアツム
アケボノフウロの変種のピンク花


ビルウォーリス
ピレナイカム(G. pyrenaicum)系の改良品種。紫の花が咲き、大きさはかなり小さめです。株は横に広がりやすい。性質は比較的丈夫で野性味があります。暑さに強い


ゲンノショウコG. thunbergii
日本原産。フウロソウの仲間では珍しい夏〜秋咲き。小さな赤紫や白の花が咲きます。株は横に広がりやすい。一般的な花店で出回ることは少なく、山野草店などで求めます。薬草としてよく知られており、その優れた薬効から「現の証拠」と名が付きました

近縁の花


ヒメフウロErodium
近縁種。和名のヒメフウロは異なる花ですが、園芸で単にヒメフウロといえば本種を指すことが多いです。写真の交雑種のピンク花「ロゼウム」がよく出回っています。小さな株に小さな花を咲かせます。可憐な姿に比べると比較的丈夫な花です

フウロソウの個人的な印象

オススメ度:70%
自然味を出したいときにぜひ植えたい花。最近は夏に強い種類や改良種もよく出回るようになってきましたが、やはり暖地で使いづらいのが残念

コメント

  • 整った姿の可憐な花は、野に咲くイメージの中の小花に近いです

戻ります