本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

トキワマンサク

戻ります

トキワマンサクのデータ

花色:白
学名:Loropetalum chinense
別名:ベニバナトキワマンサク
科名:マンサク科
分類:常緑小高木
原産地:日本、中国南部〜南アジア
大きさ:背丈1.5〜3m(6m) 横幅0.5〜2m(5m) 葉3〜7cm前後(互生)
主な見所:花(4〜5月)

トキワマンサクの特徴

白花のトキワマンサクのみしか使われなかった頃は認知度が低かったのですが、紅花のベニバナトキワマンサクが使われるようになってから、その美しい花と丈夫な性質、刈り込みの容易さなどから人気の樹木になりました。落葉樹のマンサクとは異なり葉はやや小さめで常緑です。花は細いヒモ状で初夏の初めに咲きます。葉は長楕円形で、葉色は緑葉のほかに赤褐色葉もあります。樹形は分枝が多く剪定すればよくまとまります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 花つきは悪くなりますが半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 寒さには強いですが、関東地方以西推奨です
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いです
  • 移植:春・秋 移植はやや容易ですが、十分成熟した株はやや難です

トキワマンサクの育て方

とても丈夫な花木で、条件を満たせば剪定以外はほぼ放任で育ちます。日当たりの良い、肥沃で水はけの良い土の場所を好みますが、半日陰でも育ちます。特に夏場に乾燥を嫌がるので、乾きやすい土の場所は避けます

  • 管理:生垣などで刈り込みが必要なら適期に行いますが、花を望むなら花が終わった直後に刈り込みます。
  • 剪定6月・いつでも 花が終わりかけたらすぐに刈り込めば来年も花が期待できます。新梢が固まらない時期以外はいつでも刈り込めますが、その分花芽を落とすことになります
  • 肥料:早春に遅行性肥料を与え、花後と秋に緩効性肥料を追肥します。花つきが良いようなら無理に与える必要はありません
  • 病害虫:特に気になるものはありません

トキワマンサクのアレンジ

洋風や和風、自然風いずれの庭にも合います。生垣としてよく見られますが、美しい花を円筒仕立てや自然樹形で楽しむのも素敵です。刈り込んで小さく仕立て境栽のように使うこともあります。ベニバナトキワマンサクは勢い良く伸びる枝が出やすく、トキワマンサクは比較的大人しめな樹形なので使う場所によって樹種を分けてみるのもよいでしょう

トキワマンサクの主な品種

赤褐色葉と緑葉、紅花と白花の品種があります。斑入り品種もありますが珍しいです


赤褐色葉&紅花種


緑葉&白花種

その他の写真


浜松フラワーパークにある立派なベニバナトキワマンサク。自然樹形は大きく横に広がる樹形になるようです。それにしても見事


ベニバナトキワマンサクの幹。不規則に樹皮がはがれます

トキワマンサクの個人的な印象

オススメ度:100%
美しい花、病害虫が少なく、丈夫で管理が容易、刈り込みに強い、と優れたところの多い樹木。個人的にお勧めの樹木です。何気に耐陰性があるのも見逃せません

コメント

  • 徒長しますが、かなり暗めの場所でも育ちます

戻ります