本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

水元公園





東京都葛飾区にある、区内としては驚きのスケール感を持つ巨大な公園。花は都内最大規模のハナショウブが有名ですが、アサザやオニバスなどの水生植物のほか季節の花も見られます。生き物採集や自然観察、バードウオッチングなども楽しめます

案内図(クリックすると大きくなります)

園内は広大で決められた順路もありません
今回は中央の駐車場から東側、戻って西側を順に紹介します

中央にある駐車場

あまりにも大きいため正面に当たる入口というのはありません。アクセスのし易いところから自由に入ればよいでしょう。駐車場は合計1200台収容と余裕のある大きさになっています

水元小合溜と、水元大橋

駐車場からはなしょうぶ園に向かって水辺側を歩いていきます。実はこれは川ではなく「水元小合溜」という大きなため池です。水辺をたどり内溜に架かる橋を渡ります

はなしょうぶ園と、お祭り風景

小さな田んぼのようになったような場所にハナショウブがたくさん植えられています。ハナショウブは20万本ほど植えられているそうです。6月の期間中にはお祭りがありとても賑やかになります

ハス池と、水辺のいきもの館

それぞれの植物がたくさん植えられた観賞池があり、ハス池のほかにオニバス池やアサザが植えられたごんぱち池があります。ハス池は細長い水路のようになっています。途中には水辺のいきもの館があるので立ち寄ってみるのも良いでしょう

オニバス池と、ごんばち池

保護されたオニバスや、自生するアサザを観賞できる池。この2つの池は開花期のみ開放され、時間制限があるので公式HPで確認しましょう。特にごんぱち池は開放時間が短いです

水産試験場跡地

水産試験場の跡地に作られた施設。水辺環境復元池や水生生物展示池など幾つかのゾーンに分かれています。近くで生き物や植物を観察できるので環境保護の勉強にもよいのではないでしょうか。ただし、この施設内では釣りや生物の採取はできません

葛飾区金魚展示場

金魚展示場では丸々と太った大きな金魚が見学できます

メタセコイアの森

いったん駐車場付近まで戻ってきて、今度は西側を池沿いに見ていきます。まず見えてくるのが都内では最大規模のメタセコイアの森。春の新緑や秋の紅葉はとても綺麗です

バードサンクチュアリー

広大な水辺なのでたくさんの野鳥が見られ、一部の場所は人の立ち入りを禁止にして野鳥を保護しています。野鳥観察舎から鳥たちの様子を眺めることができます

水生植物園

池に木道を架けた植物園があります。木道は狭くすれ違いには注意がいります

はなしょうぶ田と、ヌマトラノオ

もうひとつのハナショウブ園。見ている人は少ないですが、花は同じように綺麗に咲いているので穴場といえます。同時期に咲くヌマトラノオも綺麗です

水元グリーンプラザ

公園内の自然や歴史を紹介している施設。建物内には小さな温室があり、建物の裏手には野草園やハーブ園、バラ園などがあります

中央広場と、せせらぎ広場

とても広い広場があり、ヒマワリなど季節の花が植栽されることもあります
せせらぎ広場は水深が浅く、小さい子供でも安全に遊べます

かわせみの里

水質浄化のために造られた施設。内部では展示や催事が行われています。名の通りカワセミに出会えることもあり、シャッターチャンスを待つ人が多く見られます

ポプラ並木

ここの大きな特徴のひとつとしてポプラの並木があります
ダイナミックな光景は水元公園ならではです

鳥がいっぱい

スズメとアオサギ。他にも様々な鳥が見られます。観察には望遠鏡を持って行くとよいでしょう

涼亭と、噴水広場の売店

集会施設と休憩舎、食事処を兼ねた涼亭や、噴水広場にある売店では軽飲食が頼めます

場所 東京都葛飾区水元公園ほか
交通 電車:
JR「金町」駅から徒歩30分
JR「金町」駅からバスで10分「水元公園」下車徒歩7分
※土日祝のみ「金町」駅よりシャトルバスあり
車:
外環道「三郷南IC」から約10分
駐車台数約1200台(有料)
入場料 無料
(駐車料金は公式HP参照)
開園時間 公園は常時開園
(各施設については公式HP参照)
休館日 公園は無休
(各施設については公式HP参照)
URL http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index041.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★★ ★☆ ★★☆ ★★★☆
とにかく広い園内。区内とは思えないスケール感が魅力です。まともに園内を回れば半日はかかるでしょう
ハナショウブなどお祭りの時期は人も多いのですが、広大な敷地のためあまり混雑したように感じません。ただほとんどの道は自転車と歩行者が一緒になるため、お互い気をつける必要があります
グリーンプラザ周辺や水生植物園は花は多いですが、季節によっては鬱蒼としていることもあります。水産試験場跡地付近の施設は花が少なく地味な空間なので、水辺の環境が好きな人向けといったところ。また、水産試験場跡地内では生き物を採ることはできません
花あり水辺あり広場ありで、子供連れから年配の方まで一日遊べると思います。東京近辺では護岸等で難しくなった水辺の生き物採集やバードウォッチングなど植物以外の楽しみも多いです
交通の便は都内ですが駅からバスになるのでやや良の評価。平日は直接公園まで乗ってこられるバスがないので注意。3月から11月の土日祝日は金町駅発着で公園沿いを走る循環バスが運行されています。また、金町駅から東武バスで「桜土手」下車すぐがアサザ池です。ハスやアサザ、オニバス観賞ならこちらの方が早朝発があり平日・土日、通年運行で便利
駐車場は大きく車で訪れても安心ですが、大型連休などは路上駐車も増えるので運転の際は注意しましょう
  ○2017年5月上旬の様子
メタセコイアなどの新緑が綺麗。カキツバタは咲き始め。運よくカワセミの姿を見ることができましたが、初夏はかなりの頻度で来ているとのことでした。GW中とあって非常に混雑していますが、園内は広くそれほど問題ありません
 ○2016年8月中旬の様子
アサザやオニバスが見頃。他にはヒマワリやミソハギなど。花は少なめですが、鳥やトンボ、魚なども楽しめました
注目の花:ハナショウブ、ハス、オニバス、アサザ、水生植物各種、メタセコイア、各種樹木

戻ります