本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

タニウツギの仲間


オオベニウツギ


ハコネウツギ

戻ります

タニウツギの仲間のデータ

花色:
学名:Weigela florida / coraeensis 他
科名:ユキノシタ科
分類:落葉低木
原産地:日本、東アジア
大きさ:背丈0.7〜2.0m(5m) 横幅0.8〜2.0m(6m) 葉5〜16cm前後(対生)
主な見所:花(4〜6月)※品種により花期は前後しますが5月ごろが多い

タニウツギの仲間の特徴

※ウツギと呼ばれる花木は数が多くまぎらわしいです。幹や枝が空洞になる樹を特に区別なくウツギ(空木)と呼んでいるからですが、種類としては様々になり、同じ科や属であるとは限りません。園芸で用いるのはウツギやセイヨウバイカウツギ、タニウツギの近縁種が多く、ブッシュ状になるヒメウツギもよく使われます。ここではタニウツギの近縁種について書いています
タニウツギの近縁種はタニウツギのほか、ハコネウツギ、オオベニウツギの園芸品種などがよく育てられています。タニウツギはピンク花で葉裏に毛があります、ハコネウツギは白花で咲き進むにつれピンク花に変化し、葉裏にはほとんど毛がありません。オオベニウツギは雰囲気がタニウツギに似ていますが花色は白から赤紫までさまざまで、変種の斑入りや黄金葉の品種がよく出回っています。日本に自生があるとおり高温多湿などの悪条件にもよく耐え、環境がよければ株が覆われるほど美しく花を咲かせてくれます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みますが、広い幅で耐えます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです
  • 成長速度:早い 成長は早いですが大きくなる樹ではないので扱いやすいです
  • 移植:落葉期 移植はやさしいです

タニウツギの仲間の育て方

日当たりと水はけのよい、肥沃な土の場所が適地ですが、丈夫なので広い幅で耐えます。半日陰でも十分花が咲きますが、日当たりのよい場所のように株を覆うぐらいに咲いてくれません。乾燥にも湿潤にもそれなりに耐えます。風通しがよすぎると弱りやすいです

  • 管理:適期に剪定します。それ以外は特にすることはありません
  • 剪定落葉期・花後すぐ 普段は、落葉期か花後すぐに邪魔な枝を間引く程度にとどめます。大きくなりすぎて仕立て直す場合は落葉期に株元から20cmぐらい上でばっさり切ります。ただその場合には当年は花が咲きません
  • 肥料:落葉期に遅効性肥料を与えますが、花つきが良いようなら無理にあげなくても大丈夫
  • 病害虫:アブラムシ程度で病害虫には強いです

タニウツギの仲間のアレンジ

和風や自然風の庭に合いますが、洋風の庭にも合わせられます。高〜中木の根じめや花壇のポイントなどに向いています。丈夫なのでやや条件の悪い場所でも育ちますが、十分に魅力を発揮させるには日当たりの良い場所に置いてあげたいです

タニウツギの仲間の主な品種

タニウツギとオオベニウツギ、それぞれの改良品種が出回ります。ハコネウツギは原種を見かけることが多いです

ハコネウツギ(W.coraeensis)
花色が白からピンクに変化します。葉は大きめで葉裏はほとんど無毛です。やや株が大きくなります。見かける機会は多いです


オオベニウツギ(W.florida)
花色は白やピンク、赤紫とさまざまです。比較的葉が小さめで他の2種に比べると株がまとまりやすいです。薄黄色の覆輪葉や黄金葉、赤紫葉など様々な園芸品種が出回っています。背丈が伸びにくい矮性品種も少ないながら出回ることがあります


「オーレオパリエガータ」
オオベニウツギの改良品種。クリーム色の覆輪斑入り葉種。つぼみはピンク、花色は白から赤紫に変化します。ポピュラーな品種でよく見かけます


「ブリアント・ルビドール」
オオベニウツギの改良品種。黄金葉種。花の赤紫色との対比が綺麗


タニウツギ(W.hortensis)
花色は最初からピンクです。葉はハコネウツギに比べるとやや小さめで葉裏には毛が密生しています。見かける機会は少なめ

その他の写真


幹の空洞。はっきり穴が開いてます

タニウツギの仲間の個人的な印象

オススメ度:95%
丈夫な性質と美しい花で、病害虫にも強い。初心者の方にも勧めやすい花木。オオベニウツギの改良品種は宿根草感覚で花壇に使うことも可能です

コメント

  • 挿し木が簡単にできます。初夏に当年の枝を使います

戻ります