本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヒメウツギ

戻ります

ヒメウツギのデータ

花色:白
学名:Deutzia gracilis
科名:ウツギ科
分類:落葉低木
原産地:日本
大きさ:背丈20〜60cm 横幅40〜120cm  葉4〜6cm前後(対生)
主な見所:花(4〜5月)

ヒメウツギの特徴

背が高くならないほふく性のウツギの仲間です。非常に丈夫な上に、綺麗な白い花が咲くので庭でもよく用いられています。初夏に、伸びた茎の先に白い花を穂状に咲かせます。花後その枝が垂れてほふくして横に伸びます。葉は細長く縁のギザギザが目立ちます。株はよく分枝してこんもりまとまります。挿し木やほふく枝で簡単に増えます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向でも半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みますが、広い幅で耐えます
  • 耐寒性: 寒さには強いです
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いですが、大きくならないので早く感じません
  • 移植:落葉期 移植は容易です

ヒメウツギの育て方

とにかく丈夫なので過保護にする必要はありません。日向から半日陰の肥沃で適湿な場所が適地ですが、強健なので広い幅の環境で育ちます

  • 管理:しなくても構いませんが余裕があれは花がらを切り取ります
    落葉期に控えめに遅効性肥料を与えます。肥沃な土ならあげなくても構いません
  • 剪定花後・落葉期 横に伸びすぎたら切り戻します。強剪定は落葉期に、弱剪定は花後に行いましょう。普通は弱剪定でよく、伸びすぎて仕立て直したい場合のみ強剪定しますが、その年は花芽を切ってしまうことになります
    落葉期に控えめに遅効性肥料を与えます。肥沃な土ならあげなくても構いません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ヒメウツギのアレンジ

和風にも洋風にも合います。丈夫で日向でも半日陰でも使えるのでとても使い勝手がよいです。グランドカバーや根じめに使うのが一般的ですが、花壇や鉢植えにも向きます

ヒメウツギの主な品種

これといった品種はないようです

その他の写真


花のアップ

ヒメウツギの個人的な印象

オススメ度:85%
とても丈夫で半日陰でも花が咲きます。半日陰のグランドカバーの中では珍しい落葉樹なので毎年新しい葉が出るのも新鮮な印象です

その他、コメント

  • この樹木が枯れるような環境では植栽は厳しいといえるほど丈夫です

戻ります