本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サルスベリ

戻ります

サルスベリのデータ

花色:ピンク白
学名:Lagerstroemia indica
科名:ミソハギ科
分類:落葉低木〜高木
原産地:東アジア
大きさ:背丈1.0〜5.0m(5〜10m) 横幅1.0〜5.0m(4〜8m) 葉3〜6cm前後(互生・対生)
主な見所:花(7〜9月)

サルスベリの特徴

強い日差しや乾燥に強く、花も暑い季節に長期間咲き続けるので、ムクゲなどとともに夏を代表する花木になっています。花色は赤紫〜薄ピンク、白色で、新芽の枝先に円錐形の花序をつくります。葉は丸みが強い楕円形で全縁。葉のつき方が変わっており枝の左右に2枚ずつつき、ときに対生になることもあります。猿滑りの名のとおり、幹の皮がはげてツルツルになるのが大きな特徴です。丈夫な木ではあるものの、うどんこ病に弱いという難点がありましたが、品種改良により病気に耐性のある品種がうまれています

  • 難易度: 丈夫ですが病害虫には注意
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みます
  • 水分量: やや乾燥した土を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性はやや強いです(東北南部程度まで)
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いです
  • 移植:落葉期 厳冬期は避けたほうが無難です

サルスベリの育て方

日当たりの良い、やや乾燥した環境を好みます。半日陰では魅力を発揮しづらいです。好みの環境に植栽できれば、特に困ることも無く育成できると思いますが、病害虫には注意が必要です

  • 管理:剪定は落葉期間に行います。花後は鉢植えなら花がらを切ります
  • 剪定2〜3月 新芽の枝先に花をつけるので、落葉期に剪定を行います。広い庭なら広がる樹形を生かしたいです。狭い庭なら刈り込んでコンパクトにまとめます
  • 肥料:寒肥を落葉期に控えめに与える程度で十分です。よく花が咲くようなら無理に与えなくても構いません
  • 病害虫:うどんこ病が発生しやすいです。カイガラムシやアブラムシと、その被害により誘発するすす病にも注意します。その他の病害虫にはそれほど悩まされません

サルスベリのアレンジ

美しい幹を観賞できるように単独で植栽されることが多いです。和風や洋風の庭いずれにも使うことができますが、幹や樹形が人工的な雰囲気がするため自然風の庭にはあまり適しません。矮性品種は花壇や鉢植えでも育てられます

サルスベリの主な品種

花色や樹高違いでいくつか品種が出回っています。またうどんこ病耐性のある品種もあるので、管理が難しいならそういった品種を選ぶのも手です

「マスコギー」:高木性。ピンク花を咲かせます。うどんこ病耐性あり
「ダスカローラ」:高木性。赤紫の花を咲かせます。うどんこ病耐性あり
「ナチェ」:高木性。白花の代表品種。うどんこ病耐性あり


「涼風」
低木性。薄藤色の涼しげな花を咲かせます。うどんこ病耐性あり


赤紫の花の品種

その他の写真


サルスベリの幹。ツルツルしています


自然樹形。枝がよく伸びます

サルスベリの個人的な印象

オススメ度:75%
花の少ない真夏にも花を咲かせる貴重な花木。花期が長いのも魅力です。頻発するうどんこ病が問題でしたが、耐性のある品種もあり選択の幅が広がりました

コメント

  • 鉢植えで十分育てられる矮性品種もあります
  • うどんこ病に耐性のある品種はシマサルスベリ(L. subcostata)との交配により生まれたものが多いです
  • コクサギ型葉序と呼ばれる葉のつき方や葉柄がない、葉先がくぼみやすいなど、目立つ特徴ではないのですが葉が個性的です

戻ります