本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

浜離宮恩賜庭園




珍しい潮入りの池がある広い庭園です
大江戸線やゆりかもめ線の汐留駅ができてアクセスがややよくなりました

大手門

周りはお堀のようになっており、築地川にかかる橋を渡って入口に入ります
陸上からはもう一つ入口、中の御門から入ることもできます(浜松町駅側)

管理所

入ってすぐ右手には控えめな感じの管理棟があります。入場料を払って中に入ります

園内地図(クリックすると拡大します)

閲覧順序は特にないですが、今回は入り口から反時計回りで回ってみます

延遼館跡付近

狭めの日本庭園を見慣れているとちょっと違和感がありそうな広いスペースが多いです
全体的に芝生の部分が多く開放感があります

潮入の池

水門を調節して海水を取り入れている池。潮の干満によって景色が変わるのが大きな特徴です
柱にはフジツボがつき、ハゼやウナギなども住んでいるらしいです

中島に建つ御茶屋

潮入の池にかかる木製の橋を渡って入る茶屋。縁側に座ってお茶菓子などが楽しめます

御亭山(おちんやま)からのぞむビル郡

汐留に建つ巨大ビル郡や東京タワーが借景になっています

サトザクラ

潮入りの池の東側の横掘周辺はサトザクラが多く、春には楽しめます

新樋の口山からレインボーブリッジをのぞむ

水門近くにある新樋の口山からはレインボーブリッジを見ることができます

東京湾が見えます

庭園の端から海(東京湾)が見えます
ただ、運河の中ほどにあるため目の前に開けた海が見えるというわけではありません

水上バス発着所

電車とは別のもうひとつのアクセス方法で、庭園に直結しています
浅草や両国など隅田川沿岸から来ることができます

梅林

こじんまりとした直線状の梅林。見頃は早春〜春

お花畑と隣にあるボタン園

お花畑は、春にはナノハナ、秋にはキバナコスモスが咲きます。やはり借景にビル郡があり、迫力のある光景が広がります。近くにはボタン園もあります

三百年の松

震災や戦争で破壊され、取り壊されたものや新しく復元されたが多く、歴史を感じさせるものがあまりない中で、この松はとても立派です

場所 東京都中央区浜離宮庭園
交通 電車:
都営大江戸線「汐留」より徒歩5分
ゆりかもめ「汐留」より徒歩7分
都営大江戸線「築地市場」より徒歩8分
水上バス :
東京水辺ライン 浜離宮発着場
東京都観光汽船 浜離宮発着場
※バス及び身障者用の駐車場のみなので電車で行きましょう
入場料 一般及び中学生300円、65歳以上150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休館日 年末年始(12月29日〜1月1日)
URL http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★☆
美しく繊細な日本庭園…を想像して行くとガッカリするでしょう。外国人の方もちらほらいましたが?と思ったのではないでしょうか。ここは広々とした空間を目当てに行くところです。大木も多く、芝生も広々としていて開放感があります。ビルとの対比も東京ならではということで私は評価したいと思います。ただちょっとビルの密度が濃いかな…もっとビルの間が開いていると良かったと思いますが
園内はよく管理されています
海が近い立地なので鳥の姿も多く見られます
都内とはいえ広いので混雑感はあまりありませんが、桜の時期は比較的混雑します。あとツアーバスがよく来るようで、その場合も混雑しやすいです
大江戸線やゆりかもめの汐留駅ができアクセスもよくなりましたが、地下鉄の方からだと駅からの道順がややわかりにくいので注意。築地市場駅からの方が少し遠いものの道順は分かりやすいです
水上バスで訪れるのも楽しいです
○2013年4月中旬の様子
サトザクラが満開で、早咲きのボタンやフジも咲き始めています
ナノハナはほぼ終了
外人の方がとても多かったです
○2009年2月の様子
ウメは5分咲きくらいでしょうか。ナノハナは満開で日本庭園とは思えないようなダイナミックな景色に驚かされました
茶屋周辺など、所々工事していて見れない箇所があります
冬だからでしょうか、意外と海が澄んでいたのが印象に残りました
注目の花:サクラ(ソメイヨシノ・サトザクラ)、ウメ、ボタン、ナノハナ、キバナコスモス

戻ります