本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

メラレウカ


アルテルニフォリア

戻ります

メラレウカのデータ

花色:白
学名:Melaleuca
別名:ティーツリー
科名:フトモモ科
分類:常緑低木〜常緑高木
原産地:オーストラリア原産
大きさ:背丈40〜250cm(7〜10m以上) 横幅30〜200cm(5m以上) 葉3〜8cm前後(互生)
主な見所:花(初夏)、葉(周年)、香り(葉)

メラレウカの特徴

オーストラリア原産の樹木で様々な種類が出回ります。観葉植物として育てられることや、寄せ植えの中心に植えられることもあります。よく見かけるアルテルニフォリアは柑橘系の香りがあり、ティーツリーとも呼ばれハーブとして用いられています。最近は葉色が美しいブラクテアタ系の園芸品種も人気があります。花は一般的に出回る種類は白色です。葉は細長く小さめの楕円状で、黄金葉などの品種があります。樹姿は直立するものや、横に広がるものなど様々です 。アルテルニフォリアやスノーインサマーは寒さに強いですが、ブラクテアタ系などその他の品種は寒さにやや弱いので苗のうちは防寒が必要です

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量::日向で育てます
  • 水分量::水はけのよい場所を好みます。冬は乾かし気味にします
  • 耐寒性::品種により耐寒性に違いがありますが、南関東以西の暖地では屋外で冬越しできます。ただ、葉が痛んだりするので霜よけが必要なものもあります
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いです
  • 移植:初夏 移植は比較的容易です。寒さに弱いので秋以降の植え替えはなるべく避けます

メラレウカの育て方

日当たりと、水はけのよい場所で育てます。やや湿った場所に自生し、オートラリア原産にしては珍しく強い乾燥に弱い樹だとされますが、それでも一般的な樹木と比べれば乾燥には強いほうです。むしろ湿った環境にもある程度耐えると表現したほうが正しいかもしれません。南関東以西の暖地では屋外で越冬しますが、秋に植え替えると冬に枯れやすいので注意が必要です。枯れないまでも寒さに弱い品種は葉が痛みやすいので、気になる場合は霜よけをしましょう

  • 管理:伸びすぎたら切り戻します
  • 剪定初夏 花後の5〜7月に剪定します。剪定には強いので刈り込みもできます
  • 肥料:春から初夏に緩効性肥料を与えますが夏以降の施肥は控えます。やせ地でも育つので多肥の必要はありません
  • 病害虫:ほとんど発生しません。この点が人気でもあるようです

メラレウカのアレンジ

アルテルニフォリアとスノーインサマーは南関東以南の暖地では庭植えできます。洋風の庭によく合います。その他の品種も、単独で植えて観葉植物として楽しむほか、寄せ植えのセンタープラントにするのも楽しいです。印象の似ているコニファー類と同じような使い方ができます。よく伸びるわりに幹が細く枝がしなりやすいので支柱で支えます

メラレウカの主な品種

様々な種類や品種が出回っています

アルテルニフォリア(M.alternifolia)
緑の細葉。花色は白でふわふわした変わった形の花です。樹形は直立し高木になります。店頭でもよく見かける種で、ハーブとしても一般的に用いられるメラレウカ。独特な爽やかな香りがします。寒さには比較的強く、南関東以南の暖地であれば庭植えも可能です



「レボリューションゴールド」(M.bracteataの園芸品種)
黄金葉の美しい品種。ただし花は咲きにくい。普通はブッシュ状に仕立てますが、屋外で冬越しできる暖地なら大きく育てられます。やや寒さに弱いので苗のうちは凍らせないように防寒しましょう

レッドジェム
「レッドジェム」(M.bracteataの園芸品種)
新芽が赤く染まる美しい品種。寒さにあたるとさらに赤くなります。普通はブッシュ状に仕立てます。やや寒さに弱く強い霜に当たると枯れることも多いです。苗のうちは霜よけを


スノーインサマー(M.linariifolia)
姿はアルテルニフォリアによく似ていますが、花つき良好で、よく目立つ繊細な白花が咲きます。樹形は直立し高木になります。比較的耐寒性がありますが葉先が痛みやすい。苗のうちは霜よけを

メラレウカの個人的な印象

オススメ度:85%
丈夫で、剪定すれば姿もまとまるので寄せ植えにも使いやすいです。南関東以南の暖地では霜除けすれば屋外でも冬越し可能なので魅力がUPします。若木のうちは背丈が伸びやすいわりに幹が細く、倒れやすいのが難点

コメント

  • 「乾燥に弱い」という事前知識を元に長期間育ててみましたが、乾燥にかなり強いようです。オーストラリア原産種だけあって、日本の物差しで測るのは無理があるのかもしれません
  • 以前はハーブとして有名でしたが、寄せ植えや庭木としての人気が高まってきています。冬越しできる暖地では今後、庭植えでの植栽が増えるでしょう
  • 品種によって耐寒性に違いがあります。珍しいものを入手したら確認が必要です
    今のところ
    alternifolia系:寒さに強い。葉先が少し痛む程度。東京付近ならまず問題ない
    bracteata系:やや寒さに弱い。葉先が痛み枯れる枝もある。東京付近ならまず問題ないが、内陸の最低気温が低い場所では防寒が必要。苗の場合は東京付近でも防寒したい
    linariifolia系:比較的寒さに強い。葉先が少し痛む程度。alternifolia系ほど寒さには強くないが、東京付近なら軽く霜除けすればまず問題ない
    という印象です。まだまだ検証が必要かもしれません
  • 霜がほとんど降りない地方であればbracteata系の品種も十分庭植え可能だと思われます
  • メラレウカは日本に比較的新しく導入された樹木であり、また数多くの原種があります。種の同定についても混乱が見られ、学名等については参考程度とさせてください。そういった意味では同じオセアニア原産のユーカリとよく似た状況であるといえます

戻ります