本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハナミズキ

戻ります

ハナミズキのデータ

花色:赤ピンク白
学名:Benthamidia florida
別名:アメリカヤマボウシ
科名:ミズキ科
分類:落葉高木
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈2.5〜5.0m(10m)、横幅3.0〜4.0m(7m以上)、葉6〜10cm(対生)
主な見所:花(4〜5月)、実(10月)、紅葉(晩秋)

ハナミズキの特徴

四季折々に見所があることから、一般家庭以外でも街路樹や公園樹としてよく用いられています。花色は赤・ピンク・白です。花弁に見える部分は総苞で、花もちはあまり良いほうではありません。花は上向きにつき、上から見下ろすようにすると、とても見ごたえがあります。葉は楕円形で6〜10cm程度です。芽出しは遅く紅葉・落葉も早い性質があります。さらに、うどんこ病に弱く秋のはじめに落葉してしまうこともあります。赤い実は10月ごろ熟します。小さく仕立てることもできますが、横に広がって円形状になる自然樹形が美しいので狭い場所にはあまり向きません

  • 難易度: 丈夫ですが、うどんこ病に要注意
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てますが、強い西日は苦手です
  • 水分量: 比較的広い範囲に適応します
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです
  • 成長速度:普通 成長は早くはありませんが、横張りが大きく扱いは難しいです
  • 移植:落葉期 移植はやさしいです

ハナミズキの育て方

基本的にはとても丈夫な樹木です。日当たりと水はけのよい、肥沃な土の場所が適地。乾燥にも比較的強いです。半日陰でも育ちますが、隔年開花になったりして花つきが悪くなり、紅葉も美しくなりません。ただし、強い西日は避けるようにします。風通しがよいほうが病気にも強くなりますが、強すぎると逆効果です。うどんこ病や各種害虫には要注意

  • 管理:うどんこ病はかなり高確率で発生するので、よく発生する株には梅雨あたりから消毒が必要になります
  • 剪定花後すぐ・落葉期 自然樹形を楽しむ木ですが、伸びすぎた枝があったら節の上で切り取ります。花芽が大きいので切るときにわかりやすいです
  • 肥料:冬に遅効性肥料を与えます
  • 病害虫:風通しが悪いとうどんこ病にかかりやすいです。初夏から夏まで定期的に予防として薬剤をまきます。落葉した病気の葉には菌が残っているので、ゴミにして来年に持ち越さないようにします。さらに落葉期に殺菌剤をまくのも効果的です。アメリカシロヒトリなどのイモムシ類は発生率は高くありませんが、丸坊主にされることもあり気をつけます。テッポウムシが入ることがあるのでよく観察して、被害が軽微なうちに対処します

ハナミズキのアレンジ

軽い樹姿は洋風の庭によく合います。和風や自然風の庭の場合は日本に自生のあるヤマボウシの方が合います。横張りの樹形を強調するため、やや広い場所に植えます。花が上向きに咲くので上から見下ろすような場所に植えると、花どきはとても綺麗です。地植え向きの花で、鉢植えにされることもありますが本来の魅力は発揮できません

ハナミズキの主な品種

花色違いの品種や、斑入り品種がよく出回っています。ヤマボウシとの交配種も作られています

チェロキーチーフ」:古くからある、花つきの良い赤花品種。
レッドジャイアント」:濃い目の赤花品種です。花つきは良好です。
ジュニアミス」:花つきの良い桃花品種です。
クラウドナイン」:花つきの良い白花品種です


レインボー
黄色の斑入り品種、初夏の芽出しは美しいです。白花を咲かせますが、花つきは悪いです

その他の写真


ハナミズキの花のアップ。先端部がくぼむのが特徴


ハナミズキの実。比較的よく実がつきます


ハナミズキの紅葉。日当たりのよい場所では真っ赤になり綺麗です


とある公園にて。日当たりのよい場所では花つきが素晴らしい。枝が十分横に張れる場所に植栽してあげたいです


テッポウムシの被害。早めに対処しましょう

ハナミズキの個人的な印象

オススメ度:70%
人気があるにしては、美しく育ったものを見る機会が少なめな花木。ただ、伸び伸びと育てると開花期はとても美しいです

コメント

  • 花つきの良い品種でも年数がたつまでは花つきがイマイチです
  • 芽だしが遅めで、紅葉・落葉は早い樹木です
  • 上から見ると一番綺麗、という特徴を生かせるかどうかで評価も変わると思います

戻ります