本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アザレア

戻ります

アザレアのデータ

花色:ピンク白
学名:Rhododendron
別名:セイヨウツツジ
科名:ツツジ科
分類:常緑低木
原産地:園芸品種
大きさ:背丈20〜100cm 横幅15〜80cm
主な見所:花(4〜5月)

アザレアの特徴

日本や東アジアのツツジを元に、欧米で様々なツツジを交配した園芸品種。性質や姿はツツジによく似ていますが、花が豪華でやや耐寒性に劣るといった特徴があります。一般的には半耐寒性で常緑低木のものをアザレアと呼び、耐寒性のあるエクスバリーツツジなどの西洋原産の落葉性ツツジはエクスバリーアザレアなどと呼ばれ区別されます。花は一重から八重咲きまであり、花色は赤〜ピンク、白があります。葉は長卵〜楕円形でツツジによく似ています。株は低木状になり、しっかり剪定すれば形よくまとまります。冬季〜早春に出回る開花株は促成栽培されたもので、本来の花期は春から初夏です

  • 難易度: やや寒さに弱いですがツツジ同様丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所が適地ですが、夏の間は遮光します
  • 水分量: 根が浅いので強い乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 南関東以南の強い霜が降りない地域では屋外でも冬を越します

アザレアの育て方

秋から春は日当たりのよい場所が適地ですが、あまり強すぎると葉焼けしやすいので初夏以降は様子を見つつ半日陰に移動します。水はけのよい土に植えますが、やや乾燥に弱いので水切れには注意が必要です。ツツジ同様、酸性土壌を好むのでピートモスや鹿沼土などを多めに使って調整します。基本用土をこの2種類のいずれかにしてしまうのが簡単です

  • 管理:終わった花は、その都度花がらを摘み取ります。初夏以降にグンバイムシなどの害虫が発生するので適切消毒を行います
  • 剪定花後すぐ 花後の初夏に全体を刈り込みます。7月以降に刈り込むと花芽を落としてしまいます
  • 肥料:初夏と秋に緩効性肥料を与えます。地植えの場合は油粕や骨粉などの長期肥料を冬に与えてもよいです
  • 病害虫:常緑のツツジと同じような病気や害虫が発生します。特にツツジグンバイ、ハダニ、ハバチの幼虫が厄介です。病気はもち病や斑点病が出ます

アザレアのアレンジ

寒さに弱いので基本的に鉢植えで育てます。促成栽培して冬季に室内で花を楽しむのもよいですが、2年目以降はそのための処理が必要になります(下記参照)そのまま本来の花期で咲かせ、他の花と寄せ鉢にするのもよいと思います。目立つ花なのでメインとして使えます。霜があまり降りない暖かい地方では地植えも十分可能です

促成栽培

12月下旬以降に霜に当たらないように寒さに当てたら(2週間程度)、暖かい室内に取り込むと通常よりも早く開花します(一般家庭では無理にしなくてもよいと思います)

アザレアの主な品種

一重・八重咲き、復色、早生〜晩生種など様々な品種が出回ります


八重咲きの品種

アザレアの個人的な印象

オススメ度:70%
丈夫で花もよく咲きますが、ツツジ同様に害虫には注意。ツツジよりも花が豪華でよく目立ち、コンパクトに咲かせやすいです

コメント

  • 品種にもよるとは思いますが、最近の温暖化により南関東以西の暖地では屋外で普通に冬越しすることも多いです

仲間の花

戻ります