本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ユウゼンギク

戻ります

ユウゼンギクのデータ

花色:
学名:Aster novi-belgii
別名:ミケルマスデージー、宿根アスター、シノノメギク
科名:キク科
分類:半常緑多年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈20〜120cm 横幅15〜50cm
主な見所:花(6〜11月) ※秋が最盛期

ユウゼンギクの特徴

元は北アメリカ原産の花で、ヨーロッパで改良を加えた園芸品種郡をユウゼンギクと呼んでいます。実際なところ宿根アスターは交雑種や改良種が入り混じり分類がとても難しいですが、クジャクアスターとは店頭で区別されています。花つきに優れていて、やや小さめの花を株が隠れるほど咲かせます。株の大きさは様々で花壇から切花まで応用のきく花です。株は自然に分枝してこんもりします。秋咲きが普通ですが、早生種は6月ごろから咲き始めます

  • 難易度: 丈夫な花ですが、輸入種の中には高温多湿にかなり弱いものもあります
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます。ジメジメは苦手です
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

ユウゼンギクの育て方

日当たりと水はけのよい場所なら楽に育ちます。肥沃な土を好み、常に湿っているような環境を嫌います。水やりの際はメリハリをしっかりつけます。丈夫な花ですが、やや病害虫がつきやすいので注意が必要です

  • 管理:花がらは摘み取ります。花後に葉が枯れたら茎を切り取ります。株が込み合ってきたら株分けします。適期は春です
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:アブラムシやうどんこ病など、キク科の植物に出やすい病害虫が発生します。特にうどん粉病は注意がいります

ユウゼンギクのアレンジ

洋風の庭に合います。花壇はもちろん、ボーダーガーデンや和風の庭にも使えます。小さめの花ですが、最盛期は豪華なので主役から引き立て役にもなれる万能植物です。また秋に寂しくなる庭にも彩を与えてくれます。矮性種は寄せ植えや鉢植えにも向きます

ユウゼンギクの主な品種

花色や株の大きさ違いで様々な品種があります。欧州の改良種がたくさんあり、珍しい品種が少ないながらも輸入されることがあります


様々な花色があります。花つきのよさは大きな魅力です


「バイオレットキュート」
花つきのよい品種。やや背丈が高くなります。丈夫で育てやすい

ユウゼンギクの個人的な印象

オススメ度:85%
花つきや花もちがよく、丈夫な花です。暑さやうどん粉病に弱い品種があるのが残念

コメント

  • 品種が多岐にわたり、草丈や草姿も変化が多く品種の同定が非常に難しい花です
  • 鉢花で手に入れた一年目は背丈低く花を咲かせているものでも、翌年は品種本来の草丈になるので、高性種だった場合は思わぬ高さになることがあります
  • 切花でアスターの名で販売されている花は一年草のエゾギクです

仲間の花

戻ります