本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

チョウジソウ

戻ります

チョウジソウのデータ

花色:
学名:Amsonia
科名:キョウチクトウ科
分類:夏緑性多年草
原産地:東アジア・北アメリカ
大きさ:背丈30〜70cm 横幅25〜50cm
主な見所:花(4〜5月)

チョウジソウの特徴

チョウジソウは日本にも自生がある花ですが、ガーデンでよく使われるのは北アメリカ原産種が多いようです(店頭では区別されていません)。両者とも性質は変わらないので栽培上は問題ないでしょう。淡い青紫の星型の花を初夏に咲かせる野趣のある宿根草です。花つきがそれほど多くなく花色も淡いとあって目立つ花ではありませんが、日本の気候によく合い和風や自然風の庭に使われています。株は春先に一気に茎を伸ばしてその頂部に花序をつけます。葉は細長く少し垂れぎみになります

  • 難易度: 丈夫な花ですが、乾燥に注意
  • 日照量: 半日陰が適地。乾かさなければ日向でも育ちますが真夏は遮光を
  • 水分量: 乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

チョウジソウの育て方

明るい半日影から日向の、あまり乾かない場所に植えます。用土は肥沃なものを好むので植え込みの際には腐葉土などをよく混ぜ込みます。やや暑さが苦手ですが多湿を好み、ジメジメした日本の気候に合った育てやすい花です

  • 管理:花がらつみ程度で特に管理の手間はいらないです。横に広がりすぎたら株分けします。適期は休眠期の晩秋・早春です
  • 肥料:肥沃な土なら無理に与えなくてもよいです。やせ地の場合は緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

チョウジソウのアレンジ

洋風や和風、自然風いずれの庭にも合います。基本的には地植えに用います。楚々とした印象で特に和風や自然風の庭に植えると雰囲気が出ます。夏は木陰になるような中木の根じめや、池のそばなどに植えるとよく似合います。やや地味な花なのでメインで使うと味気ないかもしれません。ポイントで用いるのに向いています

チョウジソウの主な品種

日本を含む東アジア原産種と、北アメリカ原産種が出回ります。店頭でよく出回るのは北アメリカ原産種であることが多いです


○チョウジソウ(A elliptica):
日本および東アジア原産種。花の根元部分が濃い色になります。やや葉幅が広めだそうですがパッと見でわかる違いではありません

○ホソバチョウジソウ(A angustifolia)
北アメリカ原産のチョウジソウです。やや葉が細めです。よく出回っているのはこの種類のようですが区別されることはまれです

○ヤナギバチョウジソウ(A tabernaemontana )
北アメリカ原産種。チョウジソウに比べやや葉や株が大きめで、花つきもよいです

その他の写真


秋には美しく黄葉します

チョウジソウの個人的な印象

オススメ度:65%
通好みの花ですが、丈夫で半日影でも育つのでペレニアルガーデンにお勧めです。ただ、花もちはあまりよくありません

コメント

  • 日本に自生しているチョウジソウは絶滅危惧種だそうです
  • 枝を切ると乳液状の樹液が出ます

戻ります