本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アスチルベ

戻ります

アスチルベのデータ

花色:赤オレンジピンク白
学名:Astilbe
科名:ユキノシタ科
分類:夏緑性多年草
原産地:園芸品種(交配親は東アジア他原産)
大きさ:背丈40〜100cm以上 横幅50〜80cm
主な見所:花(5〜9月)※初夏咲きが多いです

アスチルベの特徴

梅雨前後にかけて風情のある花を咲かせます。花期は短いですが、大型になったものは多くの花穂をつけ美しいです。葉は羽状複葉でさっぱりした姿です。株が横に広がりやすいので狭い場所には向いていません。欧米で作出された園芸品種で、日本を含む東アジア原産の種類(アワモリショウマ・キネンシスなど)が交配に使われているので、ジメジメした日本の気候に順応し丈夫で育てやすいです

  • 難易度: 日本の自生種を元にしており、とても丈夫です
  • 日照量::半日陰でも育ちます
  • 水分量::少し湿った場所を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

アスチルベの育て方

日向の方が花つきがよいですが、半日陰でも元気に育ちます。肥沃でやや湿った土を好み、強く乾燥するような場所には向きません。特に日当たりの良い場所では葉が痛みます。湿潤な日本の気候に合っている宿根草です

  • 管理:放任でもかまいません。枯れた花穂は切り取ります。大きくなりすぎたら晩秋に株分けします。小さく分けすぎると開花に時間がかかります
  • 肥料:春と花後に緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません。ごくまれにイモムシが出ることがあります

アスチルベのアレンジ

洋風や自然風、和風の庭いずれにもよく合う花ですが、整形花壇には向きません。ボーダーガーデンでよく用いられます。花期が短めなのでポイントとして使うのに適していますが、色々な品種や花色をまとめて植えると開花期は壮観です。乾燥させなければ日当たりの良い開けた場所でも育ちますが、ジメジメした半日陰でも問題なく育ち、雰囲気も良くなるので木陰などの半日陰に植栽するのが一番良く似合います

アスチルベの主な品種

花色や開花期違いの品種が出回ります。アレンジー系と呼ばれる品種郡がポピュラーです。店頭では花色ぐらいしか選べませんから、品種名つきのものは通販で求めます


様々な花色の品種

その他の写真


新芽の色は赤紫がかり、初夏には緑葉に変化します

アスチルベの個人的な印象

オススメ度:90%
アスチルベは私の好きな花のひとつです。開花期が短いのが唯一の欠点ですが、丈夫で手間がかからず、自然風の庭によく調和します

戻ります