本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

タイム


コモンタイム


クリーピングタイム

戻ります

タイムのデータ

花色:赤紫ピンク紫白  葉色:斑入り
学名:Thymus vulgaris(コモンタイム)/ Thymus serpyllum(クリーピングタイム)
別名:ガーデンタイム(コモンタイム)、ワイルドタイム(クリーピングタイム)
科名:シソ科
分類:常緑低木
原産地:ヨーロッパ
大きさ:背丈7〜40cm 横幅20〜50cm
主な見所:花(5〜7月)、斑入り葉(周年)、香り(花・葉)

タイムの特徴

香り違いの種類がたくさんありますが、主に家庭園芸ではコモンタイムとクリーピングタイムがよく用いられます。いずれも淡めのピンクや紫、白の小花を咲かせます。葉もとても小さいです。株はコモンタイムは横に広がり、クリーピングタイムはほふくして根を出します。高温多湿に弱いため夏は葉を落としたり枯れたりすることも多いです

  • 難易度: 高温多湿には弱いです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、真夏は半日陰のほうがよいです
  • 水分量: 乾燥気味の環境を好みます。夏は雨を避けられるとよいです
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

タイムの育て方

日当たりと水はけのよい、乾燥した場所で育てます。高温多湿に弱く、真夏は雨の当たらない半日陰の涼しい場所で育てたほうがよいです。地植えの場合はなるべく風通しの良いところに植えます。酸性土壌が苦手なので苦土石灰などで土を中和し、砂などを混ぜて土の水はけをよくします。大きくなると木質状になり、葉が落ちて枯れたと思っても芽を出すことがあります

  • 管理:放任でかまいません。伸びすぎたら収穫をかねて切り戻します
  • 肥料:多肥は好まないので、緩効性肥料を控えめに春と秋に与えます
  • 病害虫:病害虫よりも、高温多湿による蒸れに気をつけます

タイムのアレンジ

洋風の庭やハーブガーデンに合います。コモンタイムは少し横に広がるので花壇の縁取りなどに適しています。クリーピングタイムは横に伸びる性質を利用してグランドカバーによく用いられます。どちらも乾燥した場所でないと夏に葉が落ちたり枯れてしまいます。できれば高植えするなどして水はけと通風のよい環境を確保したい。横に広がるため他の花とは合わせづらいのですが、上に伸びる背の高めの花や樹木となら相性はとてもよいです

タイムの主な品種

立性のものはコモンタイムと呼ばれ、香りや花色・葉色違いで、レモン、オレンジ、シルバー、ゴールドなどがあります。ほふく性のものはクリーピングタイムで、花色違いの品種がいくつか出回ります


「シルバータイム」:コモンタイムの改良品種。白い斑入り葉。花つきはあまりよくありません


「マジックカーペット」:クリーピングタイムの改良品種。紫の小花を咲かせます

タイムの個人的な印象

オススメ度:60%
開花期はとても綺麗です。ただ、暖地では夏越しが難しい。できればレイズドベッドなどのような高植え環境で育てたいです

コメント

戻ります