本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イブキジャコウソウ

戻ります

イブキジャコウソウのデータ

花色:
学名:Thymus quinquecostatus
科名:シソ科
分類:常緑多年草
原産地:東アジア
大きさ:背丈10〜20cm 横幅30〜50cm以上(ほふく性)
主な見所:花(4〜6月)、香り(株)

イブキジャコウソウの特徴

日本原産のタイムの仲間で、ほふくした株に小さな花をたくさんつけて美しいです。花色は淡いピンクで花つきも良好です。株には芳香があり触れるとかなり強く香ります。葉は広楕円形で、やや濃い青緑色です。花とのバランスは合っています。姿の似ているクリーピングタイムに比べ強健なのでグランドカバーによく用いられます

  • 難易度: 丈夫です。適地に植えることが大事
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや乾いた環境を好みます
  • 耐寒性: 南関東地方では問題ありません

イブキジャコウソウの育て方

日当たりと水はけ、風通しのよい場所を植えればあとは放任で育ちます。ジメジメした環境は苦手ですが、欧州原産のタイムほどシビアではありません。地植えは自然の降雨にまかせ、鉢植えの場合は過保護にしないよう水遣りは控えめにします。風通しよく過ごさせれば夏越しも簡単です

  • 管理:花が枯れたら花茎を切り取りますが、神経質に取らなくても大丈夫です
  • 肥料:春と秋に長期間効き目のある緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

イブキジャコウソウのアレンジ

洋風や自然風ののグランドカバーに向いています。和風の庭では全面に植えると違和感があるのでポイント的に用いるのに向いています。寄せ植えでは前景に垂れ下がるように植えつけるとよいでしょう。花色が淡くて葉も小さいので熱帯系の植物以外なら大体のものとは合います

イブキジャコウソウの主な品種

流通は多くありませんが斑入りの品種があります

イブキジャコウソウの個人的な印象

オススメ度:75%
タイムよりも丈夫でお勧めですが、その分やや野性的な印象があります

コメント

  • 「伊吹麝香草」の名の通り香りが強く、まさに日本産のタイムです

仲間の花

戻ります