本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

チョコレートコスモス

戻ります

チョコレートコスモスのデータ

花色:
学名:Cosmos atrosanguineus
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:メキシコ
大きさ:背丈30〜60cm 横幅20〜35cm
主な見所:花(6〜11月)※真夏は開花を休むことが多いです

チョコレートコスモスの特徴

濃赤紫の花色と、花の香りから「チョコレート」の名前のあるコスモスの仲間です。ただ、色は確かにチョコレートぽいのですが、香りは言われるほど強くありません。花は一重で、花の形はキバナコスモスそっくり。花茎が長く伸びます。葉は切れ込みのなく、コスモスとは印象がだいぶ異なります。根が塊茎状になり、暖地では地上部を大部分枯らしますが屋外で冬越しします
キバナコスモスとの交雑種も出回っています

  • 難易度: 条件がよい場所では丈夫ですが、気難しい部分もあります
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、できれば真夏は遮光したい
  • 水分量: 過湿も乾燥も弱いところがあります
  • 耐寒性: 南関東以西では霜よけ程度で冬越しします(0℃程度)

チョコレートコスモスの育て方

日当たりと水はけのよい、肥沃な土の場所に植えます。過湿に弱くジメジメすると枯れやすいです。風通しのよい環境を好むのでなるべく開けた場所に植えてあげたいです。鉢植えは梅雨は雨の当たらない軒下に、夏はさらに遮光して休憩させるような感じで育てます。寒さにも比較的弱く、強い霜の降りる場所では保護が必要です

  • 管理:枯れた花を切る程度です
  • 肥料:肥料は緩効性肥料を控えめに与えます。チッソ肥料の上げすぎはよくありません
  • 病害虫:アブラムシ程度です

チョコレートコスモスのアレンジ

洋風や自然風の庭に向きます。花色が個性的でワンポイントにピッタリです。花つきがあまり良くないので単独で郡植するよりも、他の花との対比を楽しむほうがよいでしょう。香りはそれほど強くないのでアレンジではとくに考えなくてもよいと思います

チョコレートコスモスの主な品種

キバナコスモスとの交雑種が出回ります


「ノエルルージュ」
キバナコスモスとの交雑種。花がやや大きく花色は赤紫。香りは弱いです
チョコレートコスモスよりも丈夫で、比較的育てやすい

チョコレートコスモスの個人的な印象

オススメ度:60%
シックな花色。個性的なアレンジに向いています

コメント

  • おしゃれな花名のせいか、小説やマンガの題名にもなっています

仲間の花

戻ります