本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

キバナコスモス

戻ります

キバナコスモスのデータ

花色:オレンジ黄
学名:Cosmos sulphureus
科名:キク科
分類:春まき一年草
原産地:メキシコ原産
大きさ:背丈30〜70cm 横幅30〜40cm
主な見所:花(5〜10月)※一株は1ヶ月くらいの花期です

キバナコスモスの特徴

薄い花弁をもつ、コスモスに似た黄色やオレンジの花を咲かせます。丈夫で生長が早く、花も次々と咲かせてくれますが、花もちはイマイチで結果的には花期が短く感じられます。葉にはコスモスと同じような切れ込みが入りますが、柔らかなコスモスの葉とは異なり硬い印象です。一般的に販売されている矮性種の株はそんなに大きくはなりませんが、高性種もあります

  • 難易度: 過湿に気をつければ丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 乾燥気味の環境を好みます
  • 耐寒性: 一年草です

キバナコスモスの育て方

適地に植えればほとんど手間はかかりません。日当たりと水はけのよい場所に植えます。やせ地の方が締まって育ちます。暑さには強いものの、蒸れには弱いので通風や水はけはしっかり確保します

  • 管理:終わった花は花茎ごと切り取ります。花の上がりが悪くなってきたら切り戻しを行なえば、二番花が咲きます
  • 肥料:少量の元肥で十分。むしろチッソ肥料の与えすぎに注意
  • 病害虫:アブラムシなどが発生しますが被害は少なめ

キバナコスモスのアレンジ

夏花壇によく似合います。矮性種は寄せ植えでも使えますが、庭植えのほうが雰囲気としては合っているように感じます。単植では魅力を発揮しづらく郡植させて楽しみます

キバナコスモスの主な品種

矮性種と高性種がありますが、通常販売されているものは矮性種が多いです


「サニー」
矮性種の代表的な品種。黄色とオレンジの花色があります


高性種。花茎が腰ぐらいまで伸びます


濃いオレンジの花色の品種

その他の写真


結実した様子

キバナコスモスの個人的な印象

オススメ度:50%
コスモス同様、ワイルドに植えると雰囲気が出ます。花茎が伸びやすく倒伏するのと、花弁が汚らしく散らばるのがマイナスです

コメント

  • コスモスと比べると夏の暑さに強く野生的な印象です
  • 店頭では矮性種が販売されていますが、高性種をタネから育てると本来の種の魅力を発揮します。タネをまく時期をずらして育てることで長い間楽しめます

仲間の花

戻ります