本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

スイレン(温帯)


スイレン


ヒメスイレン

戻ります

スイレン(温帯)のデータ

花色:白
学名:Nymphaea
科名:スイレン科
分類:夏緑性多年草
原産地:日本・北半球の温帯各地
大きさ:背丈10〜30cm 横幅20〜120cm
主な見所:花(5〜10月)※開花は断続的。最盛期は初夏から夏にかけて

スイレン(温帯)の特徴

水中の地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべます。花は整った形で優雅な雰囲気があります。葉は葉柄部分に強い切れ込みが入ります。葉色は緑が普通ですが、濃赤紫の斑点が入ったり、濃赤紫色の葉だったりと様々です。一般的なスイレンは葉が大きくなりやすく池や大きな水鉢に向いています。花は豪華ですが花つきはやや良くないです。家庭用の小さな睡蓮鉢などでは矮性種のヒメスイレンの方が適しています。花は小さいですが葉も小さく育てやすいです。

  • 難易度: 育てるのは難しくありません
  • 日照量: 必ず日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 水中で栽培します
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

スイレン(温帯)の育て方

必ず日当たりのよい場所に植えます。十分な日差しがないと花つきは極端に悪化します。用土は荒木田土やビオトープ用土など、重めで水もちのよいものを選びます
植えつけ方は2通りあります
■鉢に植えてから、水中にその鉢ごと沈める
■睡蓮鉢に直接土を入れ、そこそのまま植える
前者は植え替えがしやすい。掃除がしやすいといった利点がありますが、自然感は損なわれます。後者は30cm以下の浅くて狭い睡蓮鉢のときに向いています。植え替えは大変です。睡蓮鉢の場合1〜2年で植え替えないと花つきが悪くなるので、私は前者をオススメします。池で育てる場合はあまり頻繁に植え替えしなくてもよく咲きます

  • 管理:花がらや枯れた葉は切り取ります。株元によく日が当たるように重なった部分の葉も古い方を切り取ったほうがよいです。水鉢の場合、水深は水面から地下茎の芽の部分まで10〜20cm程度を維持するようにします。ヒメスイレンなら浅めの5〜10cm程度とします。広い池なら多少深くても問題ありません。睡蓮鉢の場合は2週間に一度程度、半分くらい水換えをします。緑藻類のアオミドロが発生するので、芽のあたりに発生したものは割り箸などで絡めとります。冬は葉が枯れるので、春までは日陰においても構いません。植え替えは3〜5月の間に行います。新しい根以外は切り取ります
  • 肥料:元肥に遅効性肥料を与えます。追肥には化成肥料が適していますがビオトープ用の液肥を与えてもよいでしょう
  • 病害虫:花にアブラムシがつくことがたまにあります

スイレン(温帯)のアレンジ

洋風、和風、自然風の庭いずれにも向きます。池や大きな水鉢があれば普通のスイレンを植えた方が良いですが、直径が40センチ以下の小さな睡蓮鉢ならヒメスイレンを選択した方が無難です。他の花とは合わせづらいですが、葉が細くて背の高くなる水性植物とはよく合います

スイレン(温帯)の主な品種

花色で様々な品種が出回っています。花色をラベルで確認して買えばよいでしょう。ヒメスイレンも花色が増えてきました


スイレンの白花種


「ワンビサ」
まるで熱帯スイレンのような姿の品種。一応温帯スイレンに属してはいるのですが、タイで作出されたこと、花や葉の派手さなどを考えると、普通の温帯スイレンと同じようなアレンジはできません。より洋風の庭向きで、和風や自然風の庭には向かないでしょう

その他の写真


ヒメスイレンの地下茎
増えやすいので、たまに株分けするとよいでしょう。適期は春

スイレン(温帯)の個人的な印象

オススメ度:65%(スイレン) 75%(ヒメスイレン)
普通のスイレンは葉が大きく、かなりの大鉢か池で育てたい。ヒメスイレンはスイレンに比べ花は小さいですが葉が三分の一程度の大きさなので、一般家庭の小さな睡蓮鉢でも十分育てられます
冬越しできる環境さえあれば花つきのよい熱帯スイレンを選択するのも一考です

コメント

  • とにかく日当たりのよい場所を確保しましょう
  • 地下茎から出る芽は一定の方向に伸びていくので、植えつけの際は芽の伸びる方向を確認して伸びていく方を広く開けるように植えつけます
  • 見栄えは悪いですが、水が漏れなければ大きなプラスチック製衣装ケースやバケツなどでも育てられます。水量が多いので普通のスイレンでも花が咲きやすいです
  • 植え替えの際、根をすべて切り取り塊茎だけにするやり方と、白くて長い根だけは残すやり方があります。私は新しい白い根は残すやり方で植え替えています
  • 温帯スイレンと熱帯スイレンの見分け方のひとつに、水面ぎりぎりに咲く(温帯スイレン)か、水面から離れた位置まで花茎をのばして咲く(熱帯スイレン)かというのがあります。それを考慮するなら現在、温帯スイレンとされている交配品種も微妙な立ち位置にあることが分かります。個人的にはそういった交配品種は熱帯スイレンとするのが妥当な気がします

仲間の花 

戻ります