本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シクラメン


戻ります

シクラメンのデータ

花色:赤ピンク赤紫薄黄色白複色
学名:Cyclamen
科名:サクラソウ科
分類:秋植え球根(常緑多年草扱い)
原産地:地中海沿岸
大きさ:背丈15〜35cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(11〜5月)

シクラメンの特徴

反りかえったような花で、よくよく見ると変わった形をしています。鉢花用には大輪でボリュームがあり豪華に咲く品種が多いですが、ミニシクラメンと呼ばれる花つきや香りに優れたものもあります。これらの品種は寒さにやや弱く屋内で冬越しします。一方、寄せ植え用や花壇用には原種との交配でできた寒さに強いガーデンシクラメンがよく用いられます。赤から白色までの花色が揃い、フリル系などの改良品種あります。ガーデンシクラメンは南関東以西の暖地であれば冬の屋外で少ないながらも開花を続けます。葉はハート型で特徴的な斑が入ります。株はこんもりとまとまりやすいです。秋植え球根ですが、表皮がない塊茎のため鉢花やポット苗の形で出回ります

  • 難易度: 条件が合えば丈夫に育ちます
  • 日照量: 秋〜春は日当たりの良い場所を好みます。夏は遮光を
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性:
    :鉢花用のシクラメンは寒さにやや弱いので普通は屋内で冬越しします
    :ガーデンシクラメンは寒さに強く、南関東以西の暖地では屋外で冬越しします

シクラメンの育て方

日当たりと水はけのよい場所が適地です。ポットから植え直す場合、深植えされていたら少し球根の上部を土から出しておくと育てやすくなります。枯れた花や葉を放置すると病気になりやすいので注意します。高温多湿に弱いですが、半年限りと割り切るなら秋から春の生育期は特に問題ないです。半日陰の涼しい場所に置けばガーデンシクラメンは意外と楽に夏越しができます

  • 管理:花がらや枯れた葉は、ヒネるようにして球根の元から摘み取ります。上手くヒネれない場合はハサミで切っても構いません。株の中央部分が明るくないと花が上がりにくくなるので、時折、葉を外側にひっつぱるように整えて中央が空くようにします
  • 夏越し:初夏以降、明るい日陰の雨の当たらない場所におきます。葉があるうちは水を与え、葉が維持できるならそのまま管理し、葉が枯れてきたら水を控えて乾燥させます。どちらにしろ鉢に植えたまま球根を掘り上げないでおきます。球根は乾燥に弱いため、葉が枯れた場合でも用土をカラカラに乾燥させず、時たま水で湿らせた方が夏越しの成功率が高いです。夏越しさせた場合は秋に植え替えます
  • 肥料:元肥と液肥を併用します。休眠期はもちろん真冬も控えます
  • 病害虫:花がナメクジに食われやすいです。また、枯れた花や葉を放置すると灰色カビ病になりやすいです

シクラメンのアレンジ

洋風の部屋や庭に合いますが、一部の花色は和風や自然風にも合います。鉢花用の品種は単独で飾っても豪華で見栄えがするので、無理に寄せ植えにする必要はないでしょう。他の鉢花や観葉植物などと寄せ鉢するのが無難です。ガーデン用は寄せ植えのメインにします。赤系とピンク〜白系で印象が違います。赤系は暖色のものと合わせますが、紅白で植えると和風チックになります。ピンク〜白系はパステル調のものと合わせるとよいです。地植えも可能ですが、密植しないとスカスカな印象になり美しくみせるのは少し難しいです。狭い場所限定で用いるとよいでしょう

シクラメンの主な品種

多くの品種はシクラメン・ペルシカム(C.persicum)から改良されたものですが、もはや園芸品種と呼ぶのがふさわしいほど改良に歴史があります。鉢花用の改良品種は数多く、花色はもちろん花の咲き方など多種多様です。鉢花用ほどではありませんがガーデンシクラメンもかなりの品種があります。どちらも種類は毎年増えています


「スクリュースター」
八重咲きの変わった花を咲かせます。花色はポピュラーなピンクのほか赤紫などがあります


「クラシカルドレス」
一重咲きで下向きに咲かせます。プロペラ咲きともされます。赤の花弁と白〜ピンクのガクが特徴的な品種。クリスマスやお正月の飾りによく似合います


「かがり火」
変わり咲きの品種で、花びらが裂ける姿をかがり火に見立てています


「セレナーデ」
青い花を咲かせるシクラメン。左がアロマブルーで、右がライラックフリル。アロマブルーは名前の通り芳香があります。バラなどと同様に紫が強く純粋な青色ではありませんが、特徴ある花色でよく目立ちます

シクラメンの個人的な印象

オススメ度:90%
鉢花用は冬に日当たりの良い窓辺があればぜひ飾りたい花。ガーデンシクラメンは暖地では地植え可能で、性質も丈夫なので使いやすいです。株が横に広がりにくいので、植えたときの大きさを維持できる良さがありますが、その分最初から株間を詰めて植えないとスカスカになりやすいです

コメント

  • 最近の温暖化のせいか、鉢花用のシクラメンも冬越しだけなら霜よけした屋外でも越せることが多いです。その場合の開花は春からになります
  • 条件が良いと夏越しの際に休眠しないことも多いです。その場合は水やりを続けつつ無理に休眠させないで夏越ししたほうが結果が良いです。(ただし、途中で葉が枯れてきたら水やりは控えめにして休眠させます)

戻ります