topページ新・花と緑の詳しい図鑑タ行(1)ナ行(1)春〜初夏咲きの花(3)ダイアンサス(ナデシコ)

ダイアンサス(ナデシコ)

花色赤ピンク赤紫赤紫
学名:Dianthus.sp
ダイアンサス(ナデシコ) ナデシコ・カラーマジシャン
戻ります
ダイアンサス(ナデシコ)の特徴
科名・分類 ナデシコ科  常緑多年草・秋まき一年草  東アジア・ヨーロッパ原産
大きさ 背丈15〜60cm  横幅15〜35cm
主な見所 花(4〜11月)※主に春と秋。一期咲き種は初夏
ダイアンサス(ナデシコ)のデータ
ひとくくりにダイアンサス(ナデシコ)というとたくさんの種類があります
‘テルスター’に代表される矮性で四季咲き性の強いもの(写真上・左下)がポピュラーですが、その交配親であるビジョナデシコ(写真右下)やセキチクなどもよく育てられています
花は頂部に上を向けて咲き、花弁の縁にはギザギザが入ります。花色は豊富で複色もあります
葉が細長く小さいのでそのぶん花がよく目立ちます。ビジョナデシコはやや葉幅が広めです
ナデシコ類は他にも初夏咲きのカワラナデシコがあります
難易度 :高温多湿にやや弱いところがありますが、基本的には丈夫です
日照 :日当たりを好みます。真夏は遮光したほうが枯れにくくなります
:やや乾燥した環境を好みます
耐寒性 :南関東以南であれば問題ありません
ダイアンサス(ナデシコ)の育て方と管理
日当たりと水はけのよい場所なら丈夫で花つきもとてもよくなります
その条件を満たしてやれないと、徒長したり病気にかかりやすくなり花つきも悪化します
用土は水はけをよくするために砂やパーライトなどを混ぜて調整しましょう。ただし鉢植えは乾燥させすぎないように注意します。肥料食いがよく、肥沃な土を好みます
梅雨や真夏に弱りやすいので、多年草種でも一年草扱いになる場合があります
管理 花が終わりかけたら全体を切り戻すと、また花が咲きます
株の勢いを保つために2〜3年したら挿し芽などで株を更新します
高温多湿に弱いので真夏は半日陰に移動した方がよいでしょう
肥料要求が高いので、緩効性肥料は忘れずに与え、開花期は液肥と併用します
病害虫 葉に斑点が入る病気は蒸れや水はけが悪くなると多発します。一度発生すると周囲のナデシコに感染するので水はけと風通しをよくして予防します
アブラムシなどの害虫はオルトラン粒剤で防ぎます
タネから 四季咲きナデシコの苗
発芽率は良く、育苗も比較的楽です。初心者でも大丈夫
箱まきかポットまきにして、本葉3〜4枚で定植します
暖地では通常、秋まきにしますが春まきもできます
ビジョナデシコの苗
発芽率はやや悪く、育苗も難しいというほどではありませんが環境によっては上手く育ってくれない場合があります
初心者は充実した苗を買ったほうがいいかもしれません
ダイアンサス(ナデシコ)のアレンジ・品種
四季咲き性種は株が矮性なので寄せ植えにも使いやすいです
日本の自生種も交配に使われているので和風の寄せ植えにもよく合います
性質的に花壇にはあまり向いていませんが前景に列植すればとても豪華です
花つきがとてもよいので単植や郡植しても見栄えがします
主な品種 ○交配種
‘テルスター’(写真上左):F1四季咲きナデシコの代表品種で、とても丈夫です
‘カラーマジシャン’(写真上右):同じくF1のナデシコ
‘スプリンター’:同じくF1のナデシコ。テルスターの姉妹種です
‘初恋’(写真左下):同じくF1のナデシコ。背丈が高くカワラナデシコに似ています

〇ビジョナデシコ(D barbatus 写真右下)
花が固まり状になり派手な印象のナデシコ。花色が豊富で、やや背丈が高くなり30〜60cm程度になります。花の間に糸状の長いひげのようなものが伸びているのでヒゲナデシコとも呼ばれます。低温による花芽分化が必要で開花は初夏です
多年草ですが寿命が短く秋まき一年草扱いされます
育て方はダイアンサスに準じます
‘プラネット’:低温による花芽分化の必要ない品種。夏まき秋開花も可能です
〇セキチク(D chinensis)
学名の通り中国原産のナデシコ。やや背丈が低く15〜30cm程度です
育て方はダイアンサスに準じます
ダイアンサス(ナデシコ)の印象
オススメ度 80%
水はけを確保してやれば、花つきもよくとても丈夫な花です
株が花で覆われ単植でも見栄えがするのもポイントです
コメント F1:種間交配の一世代目のもの。二世代目は同じ花が出るとは限りません

戻ります

花と緑の図鑑&庭づくり-Garden Vision