本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アカンサス

戻ります

アカンサスのデータ

花色:白
学名:Acanthus
科名:キツネノマゴ科
分類:常緑多年草
原産地:地中海沿岸
大きさ:背丈40〜100cm(花茎100〜150cm) 横幅60〜120cm
主な見所:花(5〜6月)、葉(周年)

アカンサスの特徴

大きな照り葉を根際から四方に伸ばし優雅な姿をみせてくれます。花は初夏に花茎を長く伸ばして穂状に咲き雄大で個性的な姿です。株張りが大きく、太い根を張るので狭い場所や鉢植えには向いていません。性質は非常に強健で、植え替えた後の残った根からも発芽するほどです

  • 難易度: 切れた根からも芽を出すほど丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所の方が花つきはよいですが、半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みますが、広い幅で適応します
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

アカンサスの育て方

日当たりと、水はけ水もちのよい広い場所に植えることができたら、あとは放任で構いません。半日陰でも十分育てられますが、花つきや葉の美しさ、花の大きさは劣ります。植え替えを頻繁にせず株を充実させると花つきがよくなります

  • 管理:終わった花や黄色くなった葉は根元から切り取ります
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:アオムシがたまに発生する程度です

アカンサスのアレンジ

地植えの中〜後景に用います。大きくなるため狭い庭では持て余すことになります。伸び伸び育てることで魅力が増すので鉢植えにも向いていません。そのため寄せ植えのアレンジに使うことは難しいです。冬も美しい葉を保つので寂しくなる冬の庭の彩りになります

アカンサスの主な品種

斑入り品種がありますが、出回る量は少ないです

その他の写真


花のアップ

アカンサスの個人的な印象

オススメ度:50%
庭の広さによって評価が変わると思います。自然風の広い庭をもつ方向けの花です

コメント

  • 苗からだと花が咲く大きさに育つまで時間がかかるので気長に育てます
  • 狭い場所で窮屈に育てるような植物ではありません。導入の際にはよく考えましょう

戻ります