本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

カリブラコア

戻ります

カリブラコアのデータ

花色:赤ピンク赤紫紫オレンジ黄白
学名:Calibrachoa
科名:ナス科
分類:常緑多年草(春まき一年草扱い)
原産地:南アメリカ(園芸品種)
大きさ:背丈15〜40cm 横幅25〜80cm
主な見所:花(4〜11月)

カリブラコアの特徴

ペチュニアに似たシンプルで整った花ですが、花の大きさは小型です。葉も少し細長く、大きさも小さくなります。一方で、株自体は大きくなりやすく1株でも見ごたえ十分です。株姿は立性〜ほふく性まで幅広く揃います。花色にペチュニアにはないオレンジ系があるのも魅力。基本的な性質はペチュニアと同じですが、花つきと育てやすさではこちらが上です。梅雨〜夏にかけて下葉が枯れて見苦しくなりがちなので、切り戻しなどの管理で美しさを保たなければなりません

  • 難易度: 丈夫ですが、秋以降も美しく育てるにはコツが必要です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 水はけのよい土を好み、ジメジメした環境を嫌います
  • 耐寒性: 耐寒性はあまり強くはありません。基本的に一年草扱いにします

カリブラコアの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えます。ペチュニアの育て方とほぼ同じです。株張りや花つきがよいので肥料を切らさないようにしましょう。夏は徒長するので下葉が枯れる前に切り戻し、秋から花を楽しんだほうがよいです。花が雨に弱いので、できれば梅雨〜夏の間は雨を避けて育てます

  • 管理:定植後に株の摘心を行うとこんもり育ちます。終わった花は摘み取った方がよいですが、ペチュニアに比べるとしっかり摘まなくても株の疲労は少ないようです。伸びすぎてだらしなくなってきたら、元気な葉を残して切り戻します
  • 肥料:定植時に長期間効く元肥を与え、開花期は液肥を併用して株の勢いを保ちます
  • 病害虫:アブラムシやハモグリバエなどが発生しますが、ペチュニアより強いようです。ただナメクジに弱いところは共通しています

カリブラコアのアレンジ

洋風の庭に合います。鉢・寄せ植え・ハンキング・花壇いずれにも向きます。あらゆる用途に使えますが、その分、個性を出しづらい難しさもあります。合わせる植物によって印象も変わってきますが、ペチュニアに比べるとメインだけでなく脇役もできる幅の広さをもっています。株を花が覆うように育つので単植しても見栄えがします

カリブラコアの主な品種

最近ではペチュニアよりも改良品種が目立つようになってきました

「カメレオン」:花色が変化する品種
「ティフォシー」:八重咲き種
「ミリオンベル」:定番品種。花つきにとても優れています
「リリカシャワー」:極小輪の花が最盛期には株を埋めます

カリブラコアの個人的な印象

オススメ度:80%
ペチュニアよりも花つきや丈夫さが上回り、初心者にも向いています

コメント

  • 切り戻しは、まだ下葉が元気なうちに行います
  • 少し高価でも品種名つきの物を求めた方が株が長持ちします
  • 花がら摘みが美しさの維持に必要なので、根気のある人むきの花かも しれません

仲間の花

戻ります